POPデザイナー認定試験口コミ評判

雑貨屋、居酒屋、コンビニ、スーパーなど、様々な店舗で目にする看板やメニュー、チラシがあります。外を歩いていると、デザイン性のある文字で書かれているものに目を奪われることが多くあります。

それらはPOP広告といって、POPデザイナー、POPライターが手掛けています。

日本デザインプランナー協会主催の、POPデザイナー認定試験の資格は、今とても人気の高い資格といわれています。

なぜならば、その知識は幅広く活用でき、応用もきくため、様々な業界で活躍することができるからなのです。

それは、店舗のみならず、インターネットショップや、地域や企業のイベントなど、専属のPOPデザイナーとして働くこともできますし、期間やイベントごとに採用される形もあるようです。

そのため、ダブルワーカーや、子育て中の主婦など、様々な環境の方がフリーデザイナーとして活躍しています。

デザインに特化した資格

POPデザイナー認定試験の資格を取得するには、デザイン制作やグラフィックデザイン、広告デザインによる効果を鮮明にするセンス、レタリング、レイアウトや配色のセンス、状況やコンセプトに合ったデザインが書けることなどが求められます。

飾り文字やイラストに関するテクニックも必要です。

幅広い能力を身に付けることで、活躍できる環境も幅広い世界になります。

日本デザインプランナー協会主催の、POPデザイナーの資格は、スキルアップにもつながります。

どんな方でも受験することができるため、イラストや広告デザインのお仕事をされている方も、描くことが好きで仕事にしたいと思っている方も、初めてデザインに関わろうと思っている方も、資格取得に向けて勉強すれば、最短2カ月での合格が可能です。

専門講座や通信講座などを利用して、1日30分ほどの勉強で、2カ月で取得した方もいらっしゃいます。

認定試験の情報

日本デザインプランナー協会の認定試験は、デザイン技術の様々な資格認定試験を行っています。合格後には、認定証を発行しているので、一定以上の水準をクリアした、確かな技術を持ったPOPデザイナーという証になります。

年間6回、2カ月に一度のペースで実施されています。

申し込みはインターネットからできます。

受験費用は、税込み10,000円です。

受験会場は、自宅です。

交通費や移動時間がかからないのは、事前に場所を調べるなどの準備が必要ないので、効率が良いといえます。

POPデザイナーとして働く

デパートなどの百貨店、スーパー、ドラックストア、カフェなど、商品を扱い販売している場所であれば、ほとんど広告が必要になってきます。

家電量販店などでは、店員も兼ねてPOP広告デザインをしていることも多くありますが、専属のPOPデザイナーを採用している会社もあるようです。

POPデザイナーの需要は高いので、フリーで働く人も多くいます。

POP広告によって販売店の売り上げが左右されるほど重要な役割をもっているので、人の目に留まるようなPOP広告を制作できるようになれば、直接指名されることもあるかもしれません。

資格を取得した後は、様々なジャンルのPOP広告を書いて技術を磨き、幅広く活躍できるPOPデザイナーになれたら、街の中で自分の作品に目にが留まることもあるかもしれませんね。
POP広告  POP広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です