MCPCモバイル技術基礎検定試験について

MCPCモバイル技術基礎検定試験とは、スマートフォンなどモバイル機器やソフト開発に携わる社会人や、携わる業種を目標としている学生を主な対象とする試験です。
消費者の目線を大切にした開発やそれに伴う関連知識の基礎力を判定します。
MCPC(モバイルコンピューティング推進コンソーシアム)による民間資格で、受験資格に制限はなく、どなたでも受験することができます。

MCPCモバイル技術基礎検定試験 応募要項について

■申込期限と試験日程
年2回実施予定です。

申込期限:7月上旬ごろ
試験日程:8月上旬ごろ

申込期限:12月中旬ごろ
試験日程:翌1月中旬ごろ

■申込方法
実施先ホームページより申し込みます。
ホームページ:http://www.mcpc-jp.org/kentei/kentei_kiso/index.html

■受験料
8,600円(税込)

■試験会場
東京、横浜、大阪、名古屋、福岡

■実施時間
10:30~11:30

■合格発表
試験日の約1か月後。合否判定通知書がマイページよりダウンロードできます。
合否発表日になっても合否判定通知がダウンロードできない場合は、下記連絡先の検定事務局まで必ずお問い合わせください。
なお、検定事務局が定める合否発表日から1ヶ月以上経過した場合は、合否判定通知書の再発行ができなくなります。

TEL:03-5401-1735

■お問い合わせ
MCPC検定事務局
E-mail:msec@mcpc-jp.org
TEL:03-5401-1735
FAX:03-5401-1937
※受付時間は月~金曜日の10:00~17:00。

MCPCモバイル技術基礎検定試験の試験内容について

MCPCモバイル技術基礎検定試験の詳細は以下の通りです。なお、出題はCBT方式によって行われます。
CBT方式とは、コンピューターを使った試験です。受験者はコンピュータに出題された問題をマウスやキーボードを使用して解答します。

出題形式:4者択一形式による筆記試験
試験時間:60分
出題数:60問

■出題範囲
・スマートフォン等のモバイル端末の市場に関する知識
・スマートフォン等のモバイル端末(商品/サービス)の知識

・コンテンツとアプリに関する知識
・通信/通話の仕組みに関する知識
・インターネットに関する知識
・モバイル機器のハードウェアとソフトウェアに関する知識
・情報セキュリティに関する知識
・消費者保護に関する知識(製造者/販売者の責任など)
・モバイル関連技術・サービスの将来

MCPCモバイル技術基礎検定試験の難易度・試験対策について

MCPCモバイル技術基礎検定試験では、合格基準や合格率は非公開となっています。また、採点基準や問題の配点基準、採点結果についての問い合わせも不可です。

ただし、MCPC(モバイルコンピューティング推進コンソーシアム)が実施している試験制度の中では最も基礎的な部分に位置するため、難易度はそれほど高くないとされています。

携帯ショップの店員やモバイル関連の企業で働く非技術系の社員が基礎知識として身に付けておきたい問題が出題される傾向です。試験対策として、実施先が公式で薦めているテキストは、『モバイル基礎テキスト第5版』となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です