Illustratorクリエイター能力認定試験について

Illustratorクリエイター能力認定試験とは、DTP業界でデザインや印刷に携わる上で不可欠となっているAdobe Illustrator(イラストレーター)の使用能力を測るための試験です。
ビジネス能力認定サーティファイによる民間資格となっています。

この資格のみで就職や転職を目指すことは難しいですが、資格取得を通して実践的な基礎知識やスキルを身につけることができます。こうしたベーシックスキルは顧客の意向に応えるための効率的かつ、ハイクオリティーなパフォーマンスをする上では欠かせないので、DTP業界のほか出版、広告系の仕事を希望する人にも有効な資格といえるでしょう。

Illustratorクリエイター能力認定試験の概要について

Illustratorクリエイター能力認定試験にはレベル別にエキスパートとベーシックに分かれます。いずれの等級でも受験資格に制限はありません。また、試験は随時受けることができます。詳細は下記の通りです。

■申込期限と試験日程

申し込みは随時受け付けていますが、試験日の1か月前には済ませておきましょう。
試験日時は試験会場によって異なります。実施先ホームページの「随時試験受験会場検索」で地域や等級、イラストレーターのバージョンで自分の希望に合致した場所を選びます。

■受験料
・エキスパート:8,200円
・スタンダード:7,200円

料金は税込み価格です。申込時に会場へ支払います。

■合格発表日
試験日の約1か月後となっています。

■問い合わせ
サーティファイ認定試験事務局
TEL:0120-031-749
FAX:0120-031-750
E-mail:info@certify.jp

ビジネス能力認定サーティファイ ホームページ

Illustratorクリエイター能力認定試験の試験内容について

エキスパートは50分の第1部と90分の第2部によって構成されています。
スタンダードは40分の第1部と90分の第2部によって構成されています。
試験内容の詳細は、以下の通りです。

■エキスパート
[第1部] ・知識(イラストレーターやDTP、Web デザインに関する知識)
・実技(イラストレーターによるDTPファイル、及びWebデザインパーツの作成)
[第2部] ・実践(イラストレーターによるDTPファイル、及びWebデザインパーツの作成)

■スタンダード
[第1部] ・知識(イラストレーターやDTP、Web デザインに関する知識)
[第2部] ・実践(イラストレーターによるによる作品制作)

Illustratorクリエイター能力認定試験の難易度や勉強方法について

Illustratorクリエイター能力認定試験の合格基準は、以下の通りです。

・エキスパート:知識問題・実技問題の得点率65%以上かつ、実践問題の得点率70%以上。
・ベーシック:実技問題の得点率65%以上かつ、実践問題の得点率70%以上。

両等級の累計の合格率は64.1%です。2・3級の難易度は易しいレベル、1級の難易度は平均的といえます。

勉強時間の目安はエキスパートで19時間、ベーシックは18時間です。実施先ホームページには級種別・バージョン別のサンプル問題があるので、腕試しや試験対策として活用すると良いでしょう。またバージョン別に学習モデルプランも公開されているので、こちらを参考に自学学習のプランを立てやすく独学でも合格が狙えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です