FP技能士の資格試験について

FP(ファイナンシャルプランナー)とは、顧客の資産相談に対し、情報収集や分析を行い、専門的なアドバイスをする人のことです。
顧客は個人のみならず中小企業主など多岐にわたり、相談内容も貯蓄や投資のほか、税務や不動産、事業継承など幅広いものに対応する必要があります。
多くの場合は、証券会社や銀行などに勤めながら資格を取得して、独立開業します。
中にはファイナンシャルプランナーの専門的視点を生かした、セミナーの講師や原稿執筆を行う人もみられます。

FP技能士は、そんなファイナンシャルプランナーとしての技能を持つことを証明する国家資格です。等級は難易度別に1~3級に分かれます。

FP技能士の1級について

FP技能士の1級試験では、学科試験と口頭による実技試験が行われます。
それぞれの受験資格や試験内容、合格基準は以下の通りです。

【学科試験】

■受験資格
・実務経験5年以上の者。
・2級合格後、実務経験1年以上の者。
・厚生労働省認定金融渉外技能審査2級の合格者で、実務経験1年以上の者。

■試験内容
四答択一(50問・記述式5題・120分)

・ライフプランニングと資金計画
・リスク管理
・金融資産運用
・タックスプランニング
・不動産
・相続と事業承継

■合格基準
200点満点で120点以上

【実技試験】

■受験資格
・1級学科試験の合格者。
・1級学科試験の免除対象者。
(日本FP協会の1級技能検定合格者、CFP認定者・CFP資格審査試験合格者・金融財政事情研究会のFP養成コース修了者)

■試験内容
資産相談業務に関する口頭試問。

■合格基準
200点満点で120点以上

■試験日程と申込期間
1級学科試験は年3回、実技試験は年2回行われます。

・1級学科試験
日程:5月下旬ごろ、9月上旬ごろ、1月下旬ごろ。
申込期間:3月中旬~4月上旬ごろ、7月上旬~下旬ごろ、11月上旬~下旬ごろ。

・1級実技試験
日程:6月上旬~中旬ごろ、2月上旬~中旬ごろ
申込期間:3月下旬~4月中旬ごろ、11月中旬~12上旬ごろ。

■受験料
・学科→8.900円
・実技→25.000円

FP技能士の2級について

FP技能士の2級試験では、マークシートによる学科試験と記述式による実技試験が行われます。1級とは違い、受験資格は学科・実技共通です。

■受験資格
・3級技能検定の合格者。
・FP業務の実務経験を2年以上有する者。
・日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了した者。
・厚生労働省認定金融渉外技能審査3級の合格者。

【学科試験】

■試験内容
マークシート(60問・120分)

・ライフプランニングと資金計画
・リスク管理
・金融資産運用
・タックスプランニング
・不動産
・相続と事業承継

■合格基準
60点満点で36点以上

【実技試験】

■試験内容
実技試験は選択科目方式です。(記述式40問・90分)

・関連業法との関係や職業上の倫理を踏まえたファイナンシャル・プランニング。
・ファイナンシャル・プランニングのプロセス。
・顧客のファイナンス状況の分析と評価。
・プランの検討・作成と提示業務。

■合格基準
60点満点で36点以上

■試験日程と申込期間

・2級学科試験
日程:5月下旬ごろ、9月上旬ごろ、1月下旬ごろ。
申込期間:3月中旬~4月上旬ごろ、7月上旬~下旬ごろ、11月上旬~下旬ごろ。

■受験料
・学科→4.200円
・実技→4.500円

FP技能士の3級について

FP技能士の3級試験では、マークシートによる学科試験と三答択一式による実技試験が行われます。2級と同じように、受験資格は学科・実技共通です。

■受験資格
・FP業務に従事している者。または従事しようとしている者。

【学科試験】

■試験内容
マークシート(○×式・三答択一式60問・120分)

・ライフプランニングと資金計画
・リスク管理
・金融資産運用
・タックスプランニング
・不動産
・相続と事業承継

■合格基準
60点満点で36点以上

【実技試験】

■試験内容
実技試験は選択科目方式です。(三答択一式20問・60分)

・関連業法との関係や職業上の倫理を踏まえたファイナンシャル・プランニング。
・顧客のニーズおよび問題点の把握。
・問題解決策の検討・分析

■合格基準
60点満点で36点以上

■試験日程と申込期間

・3級学科試験
日程:5月下旬ごろ、9月上旬ごろ、1月下旬ごろ。
申込期間:3月中旬~4月上旬ごろ、7月上旬~下旬ごろ、11月上旬~下旬ごろ。

■受験料
・学科→3.000円
・実技→3.000円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です