DIYアドバイザー資格試験について

DIYとは、住まいの手入れや補修・改善などを自分たちの手で行い快適な生活空間を創造することです。DIYアドバイザーはこうした生活を実現したいと考える人たちに指導や相談を行うスペシャリストとなります。

DIYアドバイザー資格試験は、DIYアドバイザーにふさわしい知識や技能を有するかを日本DIY協会が審査する試験です。現在の累計資格取得者は19,395名を数え、その多くがDIY用品を扱うホームセンターや住関連ショップ、DIY関連メーカーで活躍しています。

なおDIYアドバイザーは資格認定制度を設けており、審査に合格することで資格認定し、資格登録を行うことでDIYアドバイザー認定証が交付されます。なお認定の有効期間は5年間です。登録の更新を希望する場合は、所定の手続きを行わなければなりません。

DIYアドバイザー資格試験の応募要項について

■受験資格
受験する年度の4月1日の時点で年齢が満18歳以上であること。

■試験日程と申込期間(年1回実施)
一次試験:8月下旬ごろ
二次試験:11月ごろ
受験の手引・願書の販売期間:4月下旬~6月中旬ごろ
申込期間:5月下旬~6月中旬ごろ

■受験料(税込)
14,040円

■受験の手引・願書料金(税込)
1部:1,080円

■登録料(税込)
14,040円
※合格者のみ必要となります

■受験地
一次試験:東京、大阪、名古屋、札幌、福岡、仙台
二次試験:東京、大阪、札幌

■合格発表日
一次試験:9月中旬ごろ
二次試験:12月中旬ごろ
※登録申請は12月下旬ごろに行い、認定証が交付は翌2月上旬ごろになります

■お問い合わせ
一般社団法人日本ドゥ・イット・ユアセルフ協会
(略称:日本DIY協会)
〒101-0044
東京都千代田区鍛冶町1-8-5 新神田ビル5階
TEL:03-3256-4475
FAX:03-3256-4457

DIYアドバイザー資格試験の試験内容について

DIYアドバイザー資格試験は学科による一次試験と、実技と面接による二次試験によって構成されています。それぞれの詳細は、以下の通りです。
DIY工作アドバイザーはこちら
■一次試験
①住宅及び住宅設備機器に関する基礎知識
②DIY用品に関する知識
③DIYの方法に関する知識
④DIYの関連法規に関する知識
⑤上記に掲げるもの以外の、DIYに関する基礎知識

■二次試験
下記の能力の有無を問います。
⑥DIYに関する実技の能力
⑦お客様の相談内容を正しく理解し、的確に指導助言を行う能力

DIYアドバイザー資格試験の試験対策について

DIYアドバイザー資格試験は独学で合格を狙うことも可能ですが、効率よく体系的に知識を身につけるには、実施先による事前研修や通信講座を利用するのがおすすめです。

研修は学科研修と実技研修があり、学科試験は東京と大阪で連続した2日間(7月中下旬ごろ)に実施されます。実技試験は東京・大阪ともに1日です(10月ごろ)。

学科研修の受講料は税込みで10,800円、実技研修は税込み16,200円となります。それぞれの講座内容は、以下の通りです。

学科研修
・住宅及び住宅設備機器に関する基礎知識
・DIY用品に関する知識
・DIYの方法に関する知識
・DIYの関連法規に関する知識
・上記に掲げる以外のDIYに関する基礎知識

実技研修
・電動工具、道工具、塗装、建材、設備・金物等に関するDIYの実技
・DIYの指導・相談に必要な技能

通信講座は「 DIYアドバイザー試験対策コース」と「 実践DIYコース」があります。詳細は実施先へお問い合わせください。
DIYDIY

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です