CADデザインマスター認定試験口コミ評判

CADデザイナーは、設計事務所をはじめ、建設会社や土木会社、デザイン事務所など、図面が必要な分野で幅広く活躍できます。それゆえ、即戦力が求められているということもあります。

CADデザイナーの資格としては、日本デザインプランナー協会主催のCADデザインマスター認定試験があります。日本デザインプランナー協会の認定試験は、一定以上のスキルと水準をクリアしていることを証明する資格認定試験です。競争率も激しい建築関係の事務所ですので、資格を持っていることで有利に働くことは多くあるでしょう。CADデザインマスター認定試験は、自分のスキルを証明するのに最適の資格の一つです。

認定試験の受験方法

日本デザインプランナー協会が主催している認定試験は、年間6回行われています。およそ2カ月に一度の間隔で試験は実施されていますので、忙しい方でも計画が立てやすくなっています。

そして、どんな方にも受験しやすいように、在宅受験という形式をとっています。自宅での受験は、忙しい方にも外出が難しい方にも嬉しい受験スタイルです。

申し込みは、インターネットからできます。

受験にかかる費用は、消費税込みで10,000円です。

試験について

仕事をしながらでも通えるスクールや、通信講座などを利用するとよいでしょう。

じっくり学べる専門学校などもあります。

自宅にパソコンがあれば自己学習でも不可能ではないと思いますが、努力は必要です。

確実に習得するためには、やはり講座を受講しながら勉強するのがおすすめです。

実践が大切なCADではありますが、CADの基礎知識、世界基準CAD、AUTOCAD、JWCADの操作や、場面に応じた作図ができる能力を身に付けることが必要になってきます。

合格基準は、全体の7割以上の正解を得ることです。国家資格ではないものの、仕事に直結する資格というだけあって人気は高いです。
CAD資格のCADデザインマスターはこちら
参考までに、昨年度(2015年度)の合格率は32.7%です。

CADデザインマスターとしての活躍

認定試験に無事合格したら、合格認定証と認定カードを発行することができます。実際に手にする合格は、いくつになっても嬉しいものです。合格後は、建築会社、機械・設備会社、電気関係の会社、土木関係の会社、デザイン事務所、資格取得のためのスクールなどの講師、と幅広く様々な業界での活躍が期待されます。事務所を開業される方もいらっしゃいますし、在宅ワークという働き方もあります。

勉強しているときから、自分がどの業界でどのように働きたいのかを考えておくといいですね。

資格認定試験とは

必ずしも資格がないと働けないというわけではありません。ですが、自分のスキルを証明することは、働くために大切です。試験に合格して資格の認定を受けることで、雇い主からの信頼を得ることができます。社会に役立つための一つの基準になりますね。

学ぶことで、基礎をしっかり固められるので、応用力も幅広いものになります。そして、認定されることで、一定以上の技術を持っている証になります。また、自分への自信にもつながります。

自信をもって社会に貢献できるということは、これからの日本にも世界にも通じる人材となる第一歩になるかもしれません。

CAD  建築模型・住宅模型

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です