BATIC(国際会計検定)通信教育・通信講座徹底比較

BATIC(国際会計検定)とは

日本の企業が海外に進出し、グローバルなビジネスシーンが進む今、世界的に使われている共通語ともいえる英語で会計を理解することが必要となる。企業などでもこの英語で会計を行える人材が必要不可欠となっており、BATIC(国際会計検定)は基本的な会計取引が英語でできるような知識と教養を習得できる。英文簿記のサブジェクト1と国際会計理論のサブジェクト2の2科目となっている。国際会計検定は海外展開でも対応できるようなグローバルな人材を育成できる。国際間の経営状況を分析したり、英語で財務関連資料を理解できるようになる。このため、グローバルな人材の育成が可能。また国際会計検定を取得することで、転職の際に外資系企業などへキャリアチェンジすることもでき、BATICでの高スコア取得が重視される。受験者のおよそ52.2%が日商簿記2級の取得者となっている。会計や英語を学んだあとのステップとなっている傾向がある。

★資格の大原

通信教育名BATICサブジェクト1パック(Web通信)

費用入学金なし受講料28000円(総額制)

資格の大原通信講座の特徴

標準学習期間2ヶ月、初心者から英文会計を理解し、英語で会計帳簿を作ったり、管理したりできるようになる知識を習得する。英文会計の基礎を理解し、帳票を作れるようなレベルに到達することができる。会計知識ゼロから、国際英文会計試験320点以上を目指す講座。サブジェクト1の受験対策講座となっている。会計の基礎知識をまずは日本語で徹底的に理解し、英語を使用し、問題を解いていくというカリキュラム。初めて英文会計を学習する人でも会計帳簿の記帳や管理ができるような実践力を身に着けることができる。

資格の大原

通信教育名BATICストレートパック(Web通信)

費用入学金なし受講料96000円(総額制)

資格の大原通信教育の特徴

標準学習期間7か月、初心者から英文会計の基礎を学習し、国際委基準で決算書の分析や作成を行えるような知識を習得する。目指せる資格はBATIC、サブジェクト1(英文簿記)、サブジェクト2(国際会計理論)となる。英文会計を初めて習得する人におすすめの講座。会計知識ゼロから、コントローラーレベル(880点)以上の取得を目指す。BATIC試験のサブジェクト1、2ともに学び位、受験対策を行うことができる。

プロアクティブBATIC事務局

通信教育名BATIC(国際会計検定)subject1対策講座

費用入学金10500円受講料12600円(総額制)

プロアクティブBATIC事務局通信教育の特徴

標準学習期間12か月、2か月、初心者歓迎、英文会計を初めて学ぶ人におすすめの講座。DVD5枚、英文会計入門所為、BAATIC本試験過去問題などを使用して国際会計検定subject1の知識を学ぶ。英文会計のなかでも基礎レベルのsubject1では、仕訳、天気、決算仕訳、試算表、特殊仕訳などについて学習する。英語に自信がない人でも安心して学習できるシステムとなっている。学習していくうちに必要な英単語の習得が自然とできる、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です