実践建築模型認定試験口コミ評判

趣味を仕事に活かしたいと思いませんか。

自宅での学習で短期間に習得することができ、社会に生かせる資格は様々あります。実践建築模型認定試験は、受験も自宅で行うことができるので、移動時間が奪われず、場所や行き方を調べたり、緊張したり、早起きをする心配もありません。

日本デザインプランナー協会が主催で、およそ2カ月に一度、年間6回開催されている資格試験ですので、ご自身の学習ペースに合わせて受験することができます。最短では、2カ月で習得できることになります。

申し込みはインターネットからで、受験料は、10,000円です。(消費税込み)

 実践建築模型型認定試験とは

主に、建築物のミニチュア版模型を作成する資格で、図面だけではイメージしにくいところを、より現実的に想像できるように模型を作成します。住宅やマンション、工業施設など、建物物件ではわりと必要になってきます。

細かい作業が好きな方は比較的楽しみながら資格習得の勉強ができると思います。ドールハウスやプラモデル作りが好きな方や、女性の副業として、主婦の方にも人気があります。

級には、2級と1級があります。両方を同時に受験することもできます。2級では模型作成能力、完成の精度と美しさが重要です。1級ではさらに製作者としてのプレゼンテーション能力、現場で通用する技術が必要になってきます。働くという観点からすると、もちろん両方習得することをお勧めします。

国家資格ではありませんが、日本デザインプランナー協会の認定試験は、きちんと社会で通用するレベルですので、習得して働いている方はたくさんいらっしゃいます。
建築模型資格の実践建築模型はこちら
習得後は、建築模型士として、ハウジングメーカーや設計事務所、建築事務所などの現場での実践はもちろんのこと、在宅ワークやフリーランスという働き方もできます。また、カルチャースクールの講師になる方も多くいらっしゃるので、幅広い活躍が期待できます。

建築模型会社で働いたり、中には起業したりする方もいらっしゃいます。将来住みたい家を模型で作成して楽しむこともできますし、模型を販売することもできます。

合格基準

70%以上での合格となりますので、きちんと勉強すればどんな方でも合格できる範囲といえるでしょう。

努力すれば習得できるというものなので、好きなことを仕事にでき、人生を選んでいくときに社会で役に立つことも多くあると思います。また、趣味や好きなことだと努力も楽しいですし、今までよりも深く理解できるうえに社会に役立てるチャンスもあるなんて、とても素敵なことではないでしょうか。

日本デザインプランナー協会では、様々な認定試験を提案しています。建築やインテリア、デザインの技術が一定以上というものを証明するための機関です。これからの未来に活躍するための技術の向上や、人材育成に力を入れています。現在は、およそ25の認定試験を実施しています。どの資格も、習得のために必要な内容が細かく丁寧に記載されているため、何を勉強したらよいのか、よく分かるようになっています。

まずは興味のある資格を覗いてみて、自分の可能性を探ってみるのもいいかもしれませんね。

建築模型・住宅模型建築模型・住宅模型

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です