ITコーディネータ(ITC)について

ITコーディネータ(ITC)とは、経営とITというふたつの知見を活かし、経営者の立場に立って企業の経営戦略に沿った戦略的IT化の企画立案やIT導入、ITサービス活用など幅広くサポートできるスペシャリストです。女性の資格取得者が多いことでも注目を集めています。

このほかITベンダ企業で営業に携わる人、SEで顧客への提案を担当する人、コンサル関連の仕事を希望している人、ITパスポート取得後のステップアップをしたい人に適した資格です。

ITコーディネータ(ITC)の取得までの道のりについて

ITコーディネータ(ITC)の資格を取得するには、ITC試験の合格とケース研修の受講・修了が必要です。試験と研修はどちらから受けても構いませんが、それぞれに4年間の有効期限が設けられています。資格取得までにかかる期間の目安は6か月~となっています。

■資格の更新について
ITコーディネータでは、資格に3年間の有効期限を設けています。資格を更新するには「更新前年度までの3年度間の実践力ポイント合計が30ポイント以上」と「更新前年度の『実務活動報告書』提出」の条件を満たした上で、更新手数料(税込21,600円)を入金しなければなりません。

なお2年連続でポイント不足となった場合は、資格認定が失効します。復帰するためには、失効後4年度以内に下記の復帰条件を満たす必要があります。

・資格失効後4年度以内の復帰申請
・復帰年度の前年度を含めた過去3年度間の知識ポイントの合計が30ポイント以上
・復帰申請手続料(税込21,600円)の納付

ITコーディネータ(ITC)のITC試験概要について

ITC試験は、コンピュータを利用したCBT方式にて年3回実施されます。日程をはじめとした詳細は以下の通りです。

■試験日程
2月上旬~下旬ごろまで
②7月上旬~下旬ごろまで
③10月中旬~11月中旬ごろまで

■申込期間
1月上旬~2月下旬ごろまで
6月上旬~7月下旬ごろまで
9月中旬~11月中旬ごろまで

■受験地
全国のCBTソリューションズ・試験会場

■受験料(税込)
19,440円

■試験内容
下記いずれかを選択し、受験します。
・基本問題(A)+応用問題(B)+選択問題1+選択問題2
・基本問題(A)+応用問題(B)+選択問題1+選択問題2+選択問題3+選択問題4

なお、それぞれの問題はこのようになっています。

基本問題(A):IT経営認識プロセスに関すること
応用問題(B):コミュニケーションに関することなど
選択問題1:経営戦略に関すること
選択問題2:IT戦略策定に関すること
選択問題3:IT資源調達に関すること
選択問題4:IT導入に関すること

出題数:100問(うち必須60問、選択40問)
試験時間:120分

ITコーディネータ(ITC)のケース研修概要について

ケース研修では事前学習のeラーニングと6日間の集合研修、そしてフォローアップ研修を受講します。出席率が90%以上、課題提出100%が修了の条件となります。実施回数は年3回です。

■受講日程
4月中旬~7月上旬ごろまで
9月上旬~11月中旬ごろまで
12月下旬~3月上旬ごろまで

■申込期間
2月上旬~3月下旬ごろまで
7月上旬~8月中旬ごろまで
10月中旬~11月下旬ごろまで

■受講料(税込)
216,000円

■受講地
宮城、埼玉、千葉、東京、神奈川、富山、石川、長野、愛知、京都、大阪、兵庫、
広島、香川、沖縄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です