食育資格人気ランキング

食育

近年、教育現場などでも食育への意識が高くなり、そのアドバイザーとして活躍できる場面が増えてきました。
資格取得後に活躍できる場面が多いので、実際に役に立つ資格ということで人気の資格となっています。
毎日行う“食”ですので、自分のためにも、家族のためにも、健康な生活を送るために大切な資格ではないでしょうか。
そんな食育資格の人気ランキングをご紹介したいと思います。

《1位 食育健康アドバイザー》

食育健康アドバイザーとは、食育の基本的な知識を身につけることで、食育と生活習慣病との関連性や諸外国の食育などを教える事ができ、資格取得後は自宅やカルチャースクールなどで活躍する事ができます。
食育資格の食育健康アドバイザーはこちら
栄養学もしっかりと知識として得る事ができますので、家庭の料理も充実させる事ができるのも魅力的ですね。

JSFCA日本安全食料料理協会の受験は、毎年偶数月で行われています。(10,000円)
インターネットから申し込む事ができ、在宅受験なので自宅にいながら受ける事ができるのも、忙しい方にも人気の資格となっています。

《2位 管理健康栄養インストラクター》

ビタミンなどの栄養素・腸内細菌の働きなど、食と健康に関する知識や、食材に含まれる栄養素・食品表示の見方などの、食品に関する知識が必要な資格です。
カルチャースクールなどの講師として、知識を広め活躍する事ができます。
食育資格の管理健康栄養インストラクターはこちら
JIA日本インストラクター技術協会の受験は、毎年偶数月で行われています。(10,000円)
インターネットから申し込む事ができ、こちらも在宅受験なので自宅にいながら受ける事ができるというのも嬉しいですね。

《3位 食育インストラクター》

食育を基礎から学び、どのように生活に活かし、それを広く推進・活躍させ、食育の指導者として活躍する事ができる資格です。

NPO日本食育インストラクター協会では、“食育インストラクター”の資格を5段階に分けて、1つの段階をしっかりと理解し、身に付けることのできる仕組みになっています。(5万円前後で受講・試験が受けられます。)

資格取得に必要な条件ですが、「国家資格を持っている」「准教授(助教授)」「栄養教諭資格」を持っている方ということですので、誰もがなれるわけではないというところが注意点です。

《4位 食育アドバイザー》

食育に関するスタンダードな資格として人気となっており、受講と試験で5万円前後で始められます。

食育の一般的な知識を必要とし、家族の健康に役立てたい人・手軽に資格を取りたい人・食育に関心があり初心者レベルから挑戦してみたい人などにおすすめです。

食育の資格の入り口なので、ここからステップアップを目指していくと、どんどんと食育に関する資格を取得していく事ができると思います。

《5位 食育メニュープランナー》

一汁三菜を基本とした、具体的なメニュープランニングのノウハウや、食材の選び方・調理の仕方など、食育の入門・初心者向けの資格となっています。

毎日の料理に自信のない方や、栄養バランスが心配な方など、家庭の料理を充実させたい方に人気なようです。
また、受講と試験で2万円前後とリーズナブルに始められますので、料理教室に通うよりも手軽に始める事ができるかもしれません。

プロとしての食育やメニュープランニングではありませんので、気軽に挑戦する事ができ、実践として使う事ができるのも嬉しいですね。

《まとめ》

共働きで核家族が増える中で、朝食の時間が摂れなかったり、孤食になってしまったりと、食の大切さが薄くなってきてしまっている中で、教育の現場では食育にスポットライトが当たっています。

食の大切さを再確認できるように、このような資格を取得しておくことで、様々な場所で活きた資格・知識として活躍する事ができるかと思います。

人間の身体は食べ物で出来ていると言っても過言ではありませんので、食育を指導できる資格を取得し、正しい知識を教育の現場や家庭に広めていただきたいと思います。
食育  食育