食用油アドバイザーの口コミと評判まとめ

食用オイル

食用油アドバイザーの口コミと評判情報を元に、詳しく解説しています。

これから食用油アドバイザーの資格を目指す人から、食用油アドバイザーがどんな資格のか知らなかったという人まで。

またどんな勉強をしていけば食用油アドバイザーの資格を取得できるのか。

こういった役立つ情報が目白押しです。

 

食用油アドバイザーとは?

食用油アドバイザーとは、日本インストラクター協会が認定試験を行い、アドバイザーとして十分活躍できる力量があるという事を認定してくれる資格になります。

一般的に食用油というとオリーブオイルやなたね油が有名ですが、そうした食用油の種類に関する知識の上に、健康という観点からセレクトできる応用力が求められる資格になっています。

食用油の知識量の多さ、健康に関する予防知識。

さらには美容効果に対する専門的な知識が求められる事になりますが、どれも勉強をすれば着実に知識を蓄えていく事ができる分野でもあります。

現段階で難しいと感じている方は、まずは食用油の種類から覚えていく事をおすすめします。

その後に成分や効能、オイルごとの特徴を覚えていく事で、健康面に対する影響などについての理解が高まりやすくなります。
食用油アドバイザーはこちら
 

食用油アドバイザーの口コミ

食用油アドバイザーは口コミで広まった資格の一つになります。

オリーブオイルソムリエという資格が有名になってから、一種のオイルだけではなく、食用油全般の知識を問われる事になる食用油アドバイザーの方が、活用方法は広いという認識を持たれています。

就職や求人で有利になるという意見もありますが、講師として活躍できるようになる資格ですので、自分のステータスを大きく高めてくれる資格としても評価を高めています。

 

食用油アドバイザーの試験対策

食用油アドバイザーの試験内容は、予防効果、美容効果に重点を置いた出題がされます。

そしてその後に、各オイルに適したレシピの紹介。

さらに具体的にどういった油の使い方をするのかを提案できる能力が量られる事になります。

レシピに関しては決して独創性の有る無しを問われる訳ではありません。

あくまでもこうした料理に、このオイルが最適だという程度。

問題は高血圧予防やデトックス効果といった用語の理解とそれらの症状を改善するために適したオイルの分量を提示する必要があるということです。

これには知識だけではなく、ある程度の経験があった方が、より理解が進みやすくなります。

 

食用油アドバイザーの求人

食用油アドバイザーは求人にも役立つ資格です。

一般的な就職先としてはオイル専門ショップが主になりますが、食用油アドバイザーの講師として、開校しているスクールに就職する事も可能です。

特に食用油アドバイザーの講師としての需要は多く、その背景には食用油全般の知識を持っているアドバイザーが少ないという実情があります。

大手企業での就職に有利になる資格としても注目されていますので、学生人気が高い資格の一つでもあるのです。

ただ、食用油アドバイザーを受験する人たちの中には、就職や求人目的ではなく、単純に家族の健康のために取得を目指している方たちも少なくありません。

 

食用油アドバイザーになるためには

食用油デザイナーになるには、日本インストラクター協会の認定試験に合格する必要があります。

受験料は10,000円。

在宅受験が可能になっています。

申し込みはインターネットから気軽に行う事ができます。
食用オイル  食用オイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です