食生活アドバイザーについて

食生活アドバイザーとは、食品や食生活に関する深い知識を身につけることで、より健康で安全な生活を送るための民間資格です。質の良い食生活のために美味しさや安全性について強いこだわりを持つ人や、美容・健康に強い関心を持つ人には役立つ知識を多く得られる資格となっています。

食生活アドバイザーには2級と3級があります。3級は消費者目線に立った食生活の見直しを目的としているのに対し、2級は提供者の目線に立ったレベルとなっています。そのため食に関するビジネスでこの資格を活かしたい場合は、2級の資格が求められるでしょう。

有資格者の中には、スーパーやデパートの食品売り場でお客様にアドバイスをしたり、飲食店でメニュー開発や衛生管理などで活躍している人もいます。このほか医療や福祉関連の仕事に就いている人が、食事や生活指導を行う際の知識として活かすケースもみられます。

食生活アドバイザーの応募要項について

■受験資格
特に制限はありません。

■試験日程と申込期間(年2回実施)
試験日程:7月上旬ごろ
申込期限:5月下旬ごろ

試験日程:11月下旬ごろ
申込期限:10月中旬ごろ

■受験地
札幌、仙台、さいたま、千葉、東京、横浜、新潟、金沢、静岡、名古屋、大阪、神戸、広島、福岡

■受験料(税込)
3級:4,700円
2級:7,300円
3級・2級併願:12,000円

■合格発表日
試験日の約1か月後

■お問い合わせ
一般社団法人FLAネットワーク協会
〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-15-10大山ビル2F

食生活アドバイザー® 検定事務局

TEL:0120-86-3593、あるいは03-3371-3593
※受付時間は月曜日~金曜日のAM 9:00~PM 5:00(土日祝日は除く)

食生活アドバイザー3級について

食生活アドバイザー3級の試験は、マークシート形式によって実施されます。合格ラインは、合計点数の60%以上の得点です。受験科目は以下の通りです。

■受験科目(全級共通)
①栄養と健康
(栄養・病気予防・ダイエット・運動・休養など)
②食文化と食習慣
(行事食・旬・マナー・配膳・調理・献立など)
③食品学
(生鮮食品・加工食品・食品表示・食品添加物など)
④衛生管理
(食中毒・食品衛生・予防・食品化学・安全性など)
⑤食マーケット
(流通・外食・中食・メニューメイキング・食品販売など)
⑥社会生活
(消費経済・生活環境・消費者問題・IT社会・関連法規など)

さらに、以下のような知識が求められます。

・栄養、運動、休養の観点から健康をトータルに捉えた健康管理
・食習慣やマナー、テーブルコーディネーション
・期限表示、食品表示や原産地表示
・食中毒予防やゴミ処理問題、リサイクル問題や環境問題など

食生活アドバイザー2級について

食生活アドバイザー2級の試験は、マークシート形式と記述式によって実施されます。合格ラインは、合計点数の60%以上の得点です。受験科目は以下の通りとなります。

■受験科目(全級共通)
①栄養と健康
(栄養・病気予防・ダイエット・運動・休養など)
②食文化と食習慣
(行事食・旬・マナー・配膳・調理・献立など)
③食品学
(生鮮食品・加工食品・食品表示・食品添加物など)
④衛生管理
(食中毒・食品衛生・予防・食品化学・安全性など)
⑤食マーケット
(流通・外食・中食・メニューメイキング・食品販売など)
⑥社会生活
(消費経済・生活環境・消費者問題・IT社会・関連法規など)

さらに、以下のような知識が求められます。

・トータルに健康をアドバイスするための方法
・日本伝統の行事食、旬、季節、食材の結びつき
・食事のマナー、食配膳のルール
・テーブルコーディネーション
・環境問題と安全性
・残留農薬
・遺伝子組み換え食品
・有機食品
・食品添加物
・食流通の実際

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です