食品衛生監視員採用試験(大卒程度試験)について

食品衛生監視員とは、全国の主要な海・空港の検疫所において、輸入食品の安全監視及び指導(輸入食品監視業務)、輸入食品等に係る理化学的、微生物学的試験検査(試験検査業務)、検疫感染症の国内への侵入防止(検疫衛生業務)の業務に従事するための国家資格です。
国および保健所を設置する自治体に置くことが義務づけられているので常に需要の高い資格です。近年の合格率は16%あたりを推移しており、難易度は標準的とされています。

食品衛生監視員採用試験(大卒程度試験)の受験資格について

1)21歳以上30歳未満の者で、以下に掲げる者
①大学において薬学、畜産学、水産学又は農芸化学の課程を修めて卒業した者、および試験年度の3月までに当該課程を修めて大学を卒業する見込みの者
②厚生労働大臣の登録を受けた食品衛生監視員の養成施設において所定の課程を修了した者、および試験年度の3月までに当該課程を修了する見込みの者

2)21歳未満の者で次に掲げるもの。
① 1)の①に該当する者
②厚生労働大臣の登録を受けた食品衛生監視員の養成施設において所定の課程を修了した者、または試験年度の3月までに修了する見込みの者であって、大学を卒業したもの及び試験年度の3月までに大学を卒業する見込みの者
③人事院が上記①、②に掲げる者と同等の資格があると認める者

また下記に該当する場合は、受験することができません。

①日本の国籍を有しない者
②国家公務員法第38条の規定により国家公務員となることができない者
・成年被後見人又は被保佐人(準禁治産者を含む)
・禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又は執行を受けることがなくなるまでの者
・一般職の国家公務員として懲戒免職の処分を受け、その処分の日から2年を経過しない者
・日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者

食品衛生監視員採用試験(大卒程度試験)の受験要項について

■申込期間
4月上旬ごろ

■試験日程
1次試験:5月下旬ごろ
2次試験:7月上旬~中旬ごろ

■申し込み方法
インターネットで申し込んでください。

■合格発表日
1次試験:7月上旬ごろ
最終合格発表:8月下旬ごろ

■受験料
無料

■お問い合わせ
インターネット申し込みに関しては下記へお問い合わせください。

【人事院人材局試験課】
TEL:03-3581-5311(内線2331)
※受付時間9:30~17:00(土日・祝日等の休日は除きます)

試験に関するお問い合わせは、下記の人事院各地方事務局へお問い合わせください。

人事院北海道事務局
TEL:011-241-1248

人事院東北事務局
TEL:022-221-2022

人事院関東事務局
TEL:048-740-2006~8

人事院中部事務局
TEL:052-961-6838

人事院近畿事務局
TEL:06-4796-2191

人事院中国事務局
TEL:082-228-1183

人事院四国事務局
TEL:087-831-4765

人事院九州事務局
TEL:092-431-7733

人事院沖縄事務所
TEL:098-834-8400

食品衛生監視員採用試験(大卒程度試験)の試験内容について

食品衛生監視員採用試験(大卒程度試験)の試験種目や詳細は、以下の通りです。

■1次試験

基礎能力試験(多肢選択式)
・公務員として必要な基礎的な能力を問う筆記試験
・知能分野27題(文章理解、判断推理、数的推理、資料解釈)
・知識分野13題(自然、人文、社会、時事)
・試験時間は2時間20分

専門試験(記述式)
・食品衛生監視員に必要な専門知識を問う筆記試験
・全6題から3題を選択
・分析化学、食品化学のいずれか1題
・微生物学、毒性学のいずれか1題
・公衆衛生学、食品衛生学のいずれか1題
・試験時間は1時間40分

■2次試験
人物試験
・人柄や対人的能力を問う個別面接を実施

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です