音楽療法士の資格について

音楽療法士とは、音楽の心理や生理的効果を認識したうえで、心や体の健康に役立てることができる技術を有することを証明する資格です。音楽が人間の体に与える影響が注目されている昨今、注目が集まっている資格となっています。

音楽療法士の仕事内容について

音楽療法士の主な活躍の場は、医療施設や病院、そして学校などです。音楽療法を行う上で必要な患者の状態のヒアリングを行い、治療計画を作成します。その後は音楽療法を施し、患者の状態を観察しながら治療計画の変更や治療法の改善を行っていくのが主な仕事の流れです。

音楽療法士の仕事は、医師や看護師、介護士らと連携して行うことが多いです。役割としては音楽療法士がもつ心理療法に関する知識の提供や、音楽療法による患者の心のケアが期待されています。そのため、場合によっては心理カウンセラーのような役割を果たし、カウンセリングを行うこともあります。

精神的な疲労による心身の不調に悩む患者のほか、認知症や自閉症、精神障がいを持つ人へのアプローチとして音楽療法の導入が進んでいます。海外では活用事例が増えてきているので、日本でもこれから活躍の場が広がることでしょう。

音楽療法士の資格取得について

音楽療法士の資格取得には、「認定コース」と「一般コース」があります。それぞれの違いは、以下の通りです。
音楽療法資格の音楽療法インストラクターはこちら
音楽療法資格のメンタル心理ミュージックアドバイザーはこちら
■認定コースについて
高校卒業後、日本音楽療法学会認定音楽療法士資格試験受験認定校へ入学し、音楽療法について学ぶコースです。カリキュラムを修了した後、学会認定音楽療法士(補)資格審査(筆記・面接)に合格することで、資格を取得できます。

■一般コースについて
大学(短大含む)、高等専門学校、専門学校(2年以上)を卒業した後、臨床経験を3年以上臨床経験を積み、音楽試験に合格することで受けられるコースです。これらの条件をクリアすると必修講習会と呼ばれる2年半にわたる講習会を受講できます。すべての必修講習会を受講すると、認定コースと同じ試験である学会認定音楽療法士(補)資格審査(筆記・面接)を受験することができます。

学会認定音楽療法士(補)資格審査(筆記試験)について

学会認定音楽療法士(補)資格審査(筆記試験)では、音楽療法に必要あ全般的な知識をカリキュラムに基づいて出題します。この試験では知識や能力だけでなく、音楽療法士としての適性も問われます。

■試験日程と申込期間
試験日程:1月中旬ごろ
申込期間:11月中旬~下旬ごろ
※締め切り日に学会事務局へ必着

■申し込み方法
認定校の卒業者は卒業見込み者の場合は、各認定校に送られる試験実施要項に沿って申込期間に申請してください。
必修講習会の受講修了者は、音楽療法士認定規則に沿って申込期間に申請してください。

■合格発表日
1月下旬ごろ
本人へ文書にて通知されます。

■試験科目
音楽療法科目を中心に、カリキュラムガイドライン11に含まれる教科全般。

■出題数
100問+論述

■解答形式
マークシートによる多岐選択形式と論述

■お問い合わせ
日本音楽療法学会
〒105-0013
東京都港区浜松町1-20-8浜松町一丁目ビル6階
TEL: 03-5777-6220
※平日の9:00~17:00
FAX: 03-5401-0337(常時)
音楽療法音楽療法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です