音楽療法インストラクター認定試験口コミ評判

人間の生活の中に、音は欠かせません。騒音がまったくないところでも、風の音、草木がこすれる音、虫の音などが必ずあり、人の心に大きな作用を及ぼしています。音楽によって癒されたり、気持ちが明るく前向きになったりするのは、人にとって音がなくてはならない存在だからなのです。音楽を聴いたり奏でたりすることが、心に栄養を与えることになるのですね。

音楽を通して人の役に立ちたいと思われている方には、音楽療法インストラクターの資格がおすすめです。

音楽療法インストラクターは、音楽の歴史や文化、音楽が人に与える効果などを理解し、その知識を、コミュニケーションの活性化や人がリラックスできる空間などへと利用する方法を習得した人に与えられる資格です。

音楽の好みは人それぞれですが、自身の体調や精神状態を正しくケアするように音楽を活用できている人は、どれだけいるでしょうか。

音楽療法インストラクターの認定を受けることで、正しい音楽の活用方法を、実践したり、お客様に提供することができるようになります。
音楽療法資格の音楽療法インストラクターはこちら
また、日本インストラクター技術協会から資格の認定を受けることは、教える力を中心としたスキルの水準が一定以上であることを証するものですから、講師活動へと活躍の場を広げていくこともできるようになります。

資格認定試験

音楽療法インストラクター認定試験をはじめ、日本インストラクター技術協会の認定試験は2ヶ月に一度、年間で6回、開催されています。

試験の形式は、在宅受験です。自宅が会場ですので、忙しい方でも予定を合わせやすい形式となっています。

受験料は、税込10,000円です。受験資格は特にありません。申し込みは、インターネットから行います。

申し込み後、受験票や試験問題、解答用紙が郵送で届きます。代金引換で送られてきますので、受け取り時に受験料を支払います。

試験日は、指定された期間内から都合の良い日を選ぶことができます。

合格基準

音楽療法インストラクター認定試験は、70%以上が合格の基準となっています。

在宅受験ですから、落ち着いて準備すれば、合格できます。しっかり準備をしておきましょう。

合格すると、試験の1ヵ月後に合格通知が届きます。嬉しい瞬間ですね。

また、合格認定証と認定カードを有料で発行することもできます。資格認定の証明として人に見せる場合には、発行しておくのがオススメです。それぞれ税込み5,500円です。

音楽療法インストラクターとしての活躍

音楽療法インストラクターは、人の心と身体を、音楽を使って癒す知識と技術を持ったプロフェッショナルであり、さらにそれらを人に教えることができる技術を身につけた人のことをいいます。

そのような音楽療法インストラクターは、介護施設やケア施設などでその活躍ぶりを見かけることがあります。

また、自宅で音楽を使ってセルフケアをしたいという方や、音楽療法士を雇わずにできる範囲で音楽療法を導入したい施設職員の方々には、音楽療法を学ぶセミナーが必要となります。

音楽療法インストラクターは、そのような方々のためにセミナーや講座を開き、講師として教えることもできます。

このように、幅広い可能性を秘めた資格であるといえるでしょう。
音楽療法  音楽療法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です