鍼灸師(はり師・きゅう師)の国家試験について

「はり師」と「きゅう師」はそれぞれ別の国家資格ですが、多くの場合は同時に両方の資格を取得します。
これらふたつの資格を持つ人のことを、鍼灸師(しんきゅうし)と呼びます。

鍼灸師とは、鍼や灸を使って病気の治療を行う人です。鍼灸は古代中国から存在する医療技術であり、患者が持つ自己治癒力を引き出すことを最大の目的としています。
その活躍の幅は広く、鍼灸治療院のほか整形外科のリハビリや内科や神経内科の治療の一環としても使われています。
このほか、アスリートやプロスポーツチームの専属鍼灸師としてサポートすることも可能です。

鍼灸師(はり師・きゅう師)の試験概要について

はり師・きゅう師の試験は、厚生労働省によって年に1回施行される国家試験です。
受験資格や申込方法等は、下記の通りとなります。

■受験資格
大学に入学することのできる者、あるいは高校入学有資格者であり、3年以上、文部科学省令・厚生労働省令・都道府県知事で定める学校、養成施設において必要な知識及び技能を修得した者。

■申込期限と試験日程
申込期限:12月上旬~下旬ごろ。
試験日程:2月下旬ごろ。

申し込みの際には、受験願書、写真、修業証明書(あるいは見込証明書)か卒業証明書(あるいは見込証明書)が必要です。

■受験料
11,600円

公益財団法人 東洋療法研修試験財団が指定する銀行・郵便局の口座へ振り込みます。

■受験地
[晴眼者]・・北海道、宮城県、東京都、新潟県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、鹿児島県、沖縄県
[視覚障害者]・・各都道府県

■合格発表日
試験日の約1か月後。

受験地と受験番号が厚生労働省および、公益財団法人 東洋療法研修試験財団にて掲示。またホームページからでも確認できます。

■問い合わせ
公益財団 法人東洋療法研修試験財団
TEL:03-3431-8771
Fax:03-3431-8772

鍼灸師(はり師・きゅう師)の試験内容について

鍼灸師(はり師・きゅう師)の国家試験は、多肢選択式による学科試験によって行われます。
また、はり師・きゅう師を同時受験する場合は、共通科目がどちらか一方の試験で免除されます。
免除の際には受験者による申請が必要なので、事前にご確認ください。

また視覚障害者については別途試験方法が設けられていますので、事前申請を行ってください。

■試験科目

・医学概論(ただし医学史を除く)
・衛生学、公衆衛生学
・解剖学
・生理学
・病理学概論
・臨床医学総論
・臨床医学各論
・リハビリテーション医学
・東洋医学概論経路経穴概論
・経路経穴概論
・はり理論あるいは、きゅう理論
・東洋医学臨床論
・法規

■合格率・難易度

試験の合格基準は、150点満点中90点以上の得点が条件となります。
近年の合格率は70%台を推移しており、これは、はり師・きゅう師共通の傾向です。
いずれの場合もほかの資格試験と比較しても難易度は比較的易しいレベルとされています。

鍼灸師(はり師・きゅう師)の試験対策について

はり師・きゅう師の国家試験を同時受験というと、ハードルが高いように感じますが、試験対策はそれほど難しいものではありません。
多くの学校や養成施設では、試験に向けて念入りに対策を行ってくれます。

さらにインターネットでは過去問に挑戦できるサイトがあったり、通学制の講座を実施している期間もあるので上手に活用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です