銀行業務検定(年金アドバイザー)について

銀行業務検定とは、税務や財務、年金など複数の分野によって構成されている資格の検定です。それぞれに専門性が高い知識や技能を問われるため、金融機関で働く人やファイナンシャル・アドバイザーや法務、財務担当者が自分に合った資格を取得しています。なおこの資格は、銀行業務検定協会による民間資格です。

ここでは銀行業務検定のうち年金分野の資格「年金アドバイザ2級~4級」について解説します。

銀行業務検定(年金アドバイザー2級)について

■受験資格
特に制限はありません。

■試験日程と申込期間(年1回実施)
試験日程:3月上旬ごろ
申込期間:1月上旬~中旬ごろ

■申し込み方法(郵送の場合)
実施先ホームページの種目一覧より「年金アドバイザー2級」のページへアクセス。
個人受験の願書をダウンロードし、必要事項をご記入の上、受験料お振込の際の「振込明細書」(コピー可)と同封して郵送。

申込期間以外での受験申請は受け付けられませんのでご注意ください。

■受験料(税込)
6,480円

■合格発表日
実施先までご確認ください。

■主な受験対象者や求められるスキル
年金専担者などを主に対象とした試験です。
年金や的保険に関する専門性が高く、かつ実践的な知識を問います。
顧客相談や内部研修・指導に応じるためのスキルが問われます。

■試験概要
出題形式:記述式
出題数:10題
試験時間:180分
合格基準:満点の60%以上(試験委員会にて最終決定)
持込品:電卓1台のみ可能。ただし金融計算電卓、関数・メモ機能付きは持ち込めません。

[試験科目] ・社会保険制度の概要や沿革
・公的年金制度の仕組み
・年金給付と支給要件と年金額計算
・企業年金、個人年金の仕組み
・雇用、医療、介護保険制度について
・年金、退職一時金の税金
・年金相談とその対応の仕方など

銀行業務検定(年金アドバイザー3級)について

■受験資格
特に制限はありません。

■試験日程と申込期間(年2回実施)
試験日程:3月上旬ごろ
申込期間:1月上旬~中旬ごろ

試験日程:10月下旬ごろ
申込期間:8月中旬~9月上旬ごろ

■申し込み方法(郵送の場合)
実施先ホームページの種目一覧より「年金アドバイザー3級」のページへアクセス。
個人受験の願書をダウンロードし、必要事項をご記入の上、受験料お振込の際の「振込明細書」(コピー可)と同封して郵送。

申込期間以外での受験申請は受け付けられませんのでご注意ください。

■受験料(税込)
4,320円

■合格発表日
実施先までご確認ください。

■主な受験対象者や求められるスキル
渉外や窓口の担当者が主な対象者です。
顧客からの年金相談に応じるための基本的知識と実践における応用力が問われます。

■試験概要
出題形式:五答択一式、事例付五答択一式
出題数:50題
試験時間:150分
合格基準:満点の60%以上(試験委員会にて最終決定)
持込品:電卓1台のみ可能。ただし金融計算電卓、関数・メモ機能付きは持ち込めません。

[試験科目] ・基礎問題
・技能、応用
(わが国の社会保険制度とその仕組み、年金制度とその仕組み、年金給付の種類と支給要件、企業年金個人年金の仕組みの要点など)

銀行業務検定(年金アドバイザー4級)について

■受験資格
特に制限はありません。

■試験日程と申込期間(年1回実施)
試験日程:3月上旬ごろ
申込期間:1月上旬~中旬ごろ

■申し込み方法(郵送の場合)
実施先ホームページの種目一覧より「年金アドバイザー4級」のページへアクセス。
個人受験の願書をダウンロードし、必要事項をご記入の上、受験料お振込の際の「振込明細書」(コピー可)と同封して郵送。

申込期間以外での受験申請は受け付けられませんのでご注意ください。

■受験料(税込)
3,240円

■合格発表日
実施先までご確認ください。

■主な受験対象者や求められるスキル
主な対象者は、渉外や窓口の担当者です。
年金に関する最も基礎的な知識が問われます。

■試験概要
出題形式:三答択一式
出題数:50題
試験時間:90分
合格基準:満点の60%以上(試験委員会にて最終決定)
持込品:電卓1台のみ可能。ただし金融計算電卓、関数・メモ機能付きは持ち込めません。

[試験科目] ・年金の基礎
・老齢給付
・障害、遺族給付
・セールス、その他

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です