運行管理者の資格試験について

運行管理者とは、、国土交通大臣指定試験機関によって実施される試験に合格することで取得できる国家資格です。
運行管理者となった人の主な就職先は、トラック、バス、タクシーなどの営業用自動車を使用する企業です。

これら営業用自動車の安全確保のために、乗務割の作成や交代要員の配置、運転者の指導監督、といった業務を行います。休憩・睡眠施設の管理や運転者の疲労・健康状態等の把握を行うのも、運行管理者の役目です。
なお、一定数以上の事業用自動車を所有する営業所は、定められた人数の運行管理者を配置することが義務付けられています。

運行管理者の試験要項について

■受験資格
下記のいずれかに該当すること。

①運行の管理に関して、1年以上の実務経験があること。
②平成7年4月1日以降、国土交通大臣認定の講習実施機関で、試験の種類に応じた基礎講習を修了している者。
③試験前日までに、国土交通大臣認定の講習実施機関で、試験の種類に応じた基礎講習を受講予定の者。
(あるいは基礎講習を修了予定の者)

※平成27年度第1回試験から「運行管理者資格者証の写し」と「受験通知書または試験結果通知書」は受験資格の証明とならなくなりました。

■申込期限と試験日程

試験日:8月第4日曜日の場合
[申込期限] ①書面申請・・5月下旬~6月上旬ごろ
②インターネット申請 ・・5月下旬~6月中旬ごろ
③おまかせ申請・・4月中旬~6月中旬ごろ

試験日:3月第1日曜日の場合
[申込期限] ①書面申請・・11月中旬~12月上旬ごろ
②インターネット申請 ・・11月中旬~12月中旬ごろ
③おまかせ申請・・10月中旬~12月上旬ごろ

■受験料
6,000円(非課税)

※インターネット申請の場合、システム利用料648円(税込)。
※採点結果通知書の希望者は、別途216円(税込)が必要です。
(必ず受験申請書の採点結果通知欄で「希望する」を○で囲むこと)

■合格発表日
試験日より1か月以内

■問い合わせ
公益財団法人 運行管理者試験センター試験事務センター
TEL:04-7170-7077

運行管理者の試験内容について

運行管理者の試験には、「貨物」と「旅客」、ふたつの種類があります。
それぞれの試験の内容は、以下の通りです。

■貨物
1)貨物自動車運送事業法関係(出題数:8)
2)道路運送車両法関係(出題数:4)
3)道路交通法関係(出題数:5)
4)労働基準法関係(出題数:6)
5)そのほか運行管理者の業務に関する、実務上必要な知識・能力(出題数:7)

■旅客
1)道路運送法関係(出題数:8)
2)道路運送車両法関係(出題数:4)
3)道路交通法関係(出題数:5)
4)労働基準法関係(出題数:6)
5)そのほか運行管理者の業務に関する、実務上必要な知識・能力(出題数:7)

いずれの分野も、法令等に改正があった場合は、法令等の改正施行後6か月は改正部分を問う問題は出題されません。
公益財団法人 運行管理者試験センターのホームページでは、過去の試験問題と正答が掲載されています。
出題傾向を把握するために、事前に目を通しておくとよいでしょう。

参照:公益財団法人 運行管理者試験センターホームページ[過去の試験問題・正答]

運行管理者試験の合格基準・難易度について

運行管理者試験の合格基準は貨物・旅客ともに同じです。
ふたつの条件を満たすことが合格基準となります。

①総得点が満点の60%以上であること。(30問中18問の正解が目安)
②各試験科目ごとに1問以上の正解があるとともに、「そのほか運行管理者の業務に関する、実務上必要な知識・能力」に関しては2問以上正解であること。

■難易度
貨物・旅客ともに合格率は30%台半ば~後半あたりを推移しています。
資格試験としての難易度は比較的易しいレベルです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です