認定医師秘書管理実務士TM(医療秘書情報実務能力検定試験)について

認定医師秘書管理実務士TMとは、特定非営利活動法人 医療福祉情報実務能力協会による民間資格です。この資格は医療機関における秘書的業務の実務能力レベルを客観的に証明するほか、医療機関の高い患者サービス保持、円滑なクラーク業務など、メディカルセクレタリースペシャリストであることを認定します。

認定医師秘書管理実務士TMの資格を取得するには、医療秘書情報実務能力検定試験を受験し、合格する必要があります。主な受験対象者は、医療機関で医療事務職または医療秘書(クラーク)として従事している人や、今後従事することを希望としている人です。なお試験は難易度別に1・2級の等級が設けられています。

医療秘書情報実務能力検定試験の受験要項について

医療秘書情報実務能力検定試験は在宅受験にて実施されます。試験日程などの詳細は、以下の通りです。

■受験資格
1級:2級合格者
2級:特に制限はありません

※2級は併願可能です。1級も併願できますが一部条件があります。

■試験日程と申込期間(年2回実施)
試験日程:7月上旬ごろ
申込期間:4月中旬~5月下旬ごろ

試験日程:12月上旬ごろ
申込期間:10月上旬~11月上旬ごろ

■受験料
1級:8,700円
2級:7,700円

■合格発表
試験日の約1か月~1か月半後となります。
なお試験合格者の認定証発行には、別途発行手数料が1,540円必要です。

■お問い合わせ
特定非営利活動法人 医療福祉情報実務能力協会
TEL:0948-83-558

お問い合わせフォームは下記URLとなります。
https://www.medin.gr.jp/contact/contact.php?type=guide

医療秘書情報実務能力検定試験 1級の試験内容について

医療秘書情報実務能力検定試験 1級は「学科試験20問」と「明細書作成2問」によって構成されています。それぞれの詳細は以下の通りです。なお近年の合格率は50%台後半あたりを推移しており、難易度は比較的易しいレベルとされています。

■学科試験
(1)医療秘書実務
医療機関における接遇マナー、秘書業務、管理能力の応用知識について
(2)医療機関の組織、運営、医療関連法規、医療保険制度について
医療法、療養担当規則、医療保険制度、公費負担医療制度の総論
(3)医学の知識
医療用語、医学・薬学の応用知識
(4)医療事務
診療報酬の応用知識について

■明細書作成
診療報酬明細書(レセプト)の作成・・・入院

医療秘書情報実務能力検定試験 2級の試験内容について

医療秘書情報実務能力検定試験 2級も1級と同じく「学科試験20問」と「明細書作成2問」によって構成されています。それぞれの詳細は以下の通りです。なお近年の合格率はおよそ60%となっており、難易度は比較的易しいレベルとされています。

■学科試験
(1)医療秘書実務
医療機関における接遇マナー、秘書業務、管理能力の基礎知識について
(2)医療機関の組織、運営、医療関連法規、医療保険制度
医療法、療養担当規則、医療保険制度、公費負担医療制度の概要
(3)医学の知識について
医療用語、医学・薬学の基礎知識
(4)医療事務
診療報酬の基礎知識について

■明細書作成
診療報酬明細書(レセプト)の作成。
外来・・・1問
入院・・・1問

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です