裁判所職員採用総合職試験(裁判所事務官・大卒者区分)の資格・試験について

裁判所職員採用総合職試験(裁判所事務官・大卒者区分)とは、人事院が実施している国家公務員採用試験とは別に行われる独立した採用試験です。なお合格者は国家公務員特別職となります。総合職の採用試験において重視されるのは、政策の企画立案に携わるための高い能力を有するかどうかです。そして採用された者は裁判所の運用を合理的かつ効率的に行うための業務に携わります。また、受験資格に該当すれば大卒でない場合も受験することが可能です。

裁判所職員採用総合職試験(裁判所事務官・大卒者区分)の受験資格について

受験資格は以下の通りです。

①:受験年4月1日の時点で21歳以上30歳未満である者
②:21歳未満で下記に該当する者
a)大学を卒業した者。および受験翌年度3月に大学卒業見込みの者
b)最高裁がa)に掲げる者と同等の資格があると認める者
→最高裁が同等の資格があると認める者の詳細は、こちらをご確認ください(PDF)

また下記に該当する者は、試験を受けることができません。

1)日本国籍を有しない者
2)国家公務員法第38条の規定に該当する者

・成年被後見人や被保佐人(準禁治産者を含む)
・禁錮以上の刑に処せられ,その執行を終わるまで又は執行を受けることがなくなるまでの者
・懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない者
・日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者

裁判所職員採用総合職試験(裁判所事務官・大卒者区分)の応募要項について

■申込期間
インターネット:4月上旬ごろ
郵送:4月上旬の2~3日間

※インターネット申し込みは「裁判所職員採用試験」で検索してアクセスしてください。
※原則として申し込みはインターネットで行ってください。
※インターネット申し込みができない場合に郵送をご利用ください。

■試験日程
1次試験:6月上旬ごろ
2次試験(筆記):6月上~下旬(専門区分によってことなります)
2次試験(面接):6月下旬~7月下旬(受験票で指定された日に実施します)

■合格発表日
1次試験:6月中~下旬ごろ
2次試験:7月中旬ごろ
最終合格者発表:7月下旬~8月中旬ごろ

■総合職試験(裁判所事務官)受験の「特例」について
受験申請の際に「特例」を希望にして各試験種目を全て有効に受験すると、総合職試験(裁判所事務官)に不合格となった場合に一般職試験(裁判所事務官・大卒程度区分)の受験者としての取扱いを受けることができます。

裁判所職員採用総合職試験(裁判所事務官・大卒者区分)の試験内容について

■1次試験(基礎能力試験・多肢選択式)
出題数:40題
試験時間:3時間
試験概要:知能分野、知識分野

■1次試験(専門試験・記述式)
出題数:3題
試験時間:1時間30分
試験概要:家庭裁判所調査官補に必要な専門知識
必須:憲法、民放
選択:刑法、経済理論

■2次試験(論文試験・小論文)
出題数:2題
試験時間:2時間
試験概要:家庭裁判所調査官補に必要な専門知識

■2次試験(専門試験・記述式)
出題数:憲法1題、民法・刑法は2題
試験時間:憲法は1時間、民法・刑法は2時間
試験概要:裁判所事務官(大卒程度)に必要な専門知識を問います

■2次試験(政策論文試験・記述式)
出題数:1題
試験時間:1時間30分
試験概要:組織運営に関する課題の理解、解決につながる企画立案能力など

■2次試験(人物試験)
個人面接を行い、人柄、資質、能力などを判定します。

■3次試験(人物試験)
集団討論および個人面接を行い、人柄、資質、能力などを判定します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です