衛生管理者(第一種・第二種)について

衛生管理者とは、国家資格のひとつで、常時50人以上の労働者が働く事業所では必ず置かなければならない必置資格です。

衛生管理者の役割は、職場環境の調査や、作業条件・施設などの衛生上の改善、職場における衛生教育などです。このほか労働災害が発生した場合は原因調査や再発防止対策を行い、衛生に関する技術的事項を管理するほか、負傷や疫病に関する統計も作成しなければなりません。

衛生管理者には第一種と第二種があり、第一種はすべての業種で通用する資格となっています。第二種は下記の業種を除く職種で通用する資格となっています。

農林畜産水産業、鉱業、建設業、製造用(物の加工業を含む)、電気業、ガス業、水道業、熱供給業、運送業、自動車整備業、機械修理業、医療業、清掃業

衛生管理者の資格取得までの道のりについて

衛生管理者の受験資格を得るには、学歴に応じた労働衛生の実務経験が必要です。例えば大学・高専卒の場合は1年以上、高卒は3年以上、長い場合は10年以上の実務経験が必要なケースもあります。中には企業の総務部や労務部に配属されたのち、企業からの依頼で資格取得に励む人もいます。

受験資格を獲得したら、次は国家試験です。試験に合格したら東京都労働局免許証発行センターに申請し、免許証をしてもらいます。こうしてはじめて衛生管理者として現場で活躍することができるのです。

衛生管理者国家試験の受験要項について

■試験日程と申込期間
毎月1~3回実施されています。詳しい日程や申込期間に関しては、実施先へお問い合わせください。

■申し込み方法
受験申請書を作成し、受験を希望するセンターや核安全衛生技術センターへ提出します。提出方法は郵便(簡易書留)とセンター窓口への持参があります。詳しい手順は、こちらをご確認ください。

■受験料
第一種・第二種ともに6,800円となります。

■合格発表日
実施先までご確認ください。

■免除
船員法による衛生管理者適任証書の交付を受けた者で、その後1年以上労働衛生の実務に従事した経験を有する者は、試験科目のうち「労働生理」が免除されます。免除を受けるには、受験申請の時点での手続きが必要です。

お問い合わせについて

各地の安全衛生技術センターあるいは公益財団法人安全衛生技術試験協会へお問い合わせください。

公益財団法人 安全衛生技術試験協会
TEL:03-5275-1088

北海道安全衛生技術センター
〒061-1407北海道恵庭市黄金北3-13
TEL:0123-34-1171

東北安全衛生技術センター
〒989-2427宮城県岩沼市里の杜1-1-15
TEL:0223-23-3181

関東安全衛生技術センター
〒290-0011千葉県市原市能満2089
TEL:0436-75-1141

中部安全衛生技術センター
〒477-0032愛知県東海市加木屋町丑寅海戸51-5
TEL:0562-33-1161

近畿安全衛生技術センター
〒675-0007兵庫県加古川市神野町西之山字迎野
TEL:079-438-8481

中国四国安全衛生技術センター
〒721-0955広島県福山市新涯町2-29-36
TEL:084-954-4661

九州安全衛生技術センター
〒839-0809福岡県久留米市東合川5-9-3
TEL:0942-43-3381

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です