衆議院事務局職員 一般職(高卒程度)の資格・試験について

衆議院事務局職員 一般職(高卒程度)とは、特別職の国会公務員であり、衆議院の議院活動を補佐する職員のことです。就職先は衆議院事務局となり、一般職(高卒)採用者の場合は、原則的に一般事務に従事します。なお給与・休暇といった待遇は、一般職の政府職員に準ずる取扱いです。近年の合格率はおよそ0.8%と1%を切っており、極めて難易度が高い試験となっています。

なお、衆議院事務局職員採用試験の一般職試験(高卒程度試験)と衛視試験の併願は禁じられています。両方に出願した場合は、どちらも無効となりますのでご注意ください。

衆議院事務局職員 一般職(高卒程度)の応募要項について

衆議院事務局職員 一般職(高卒程度)の採用試験に関する応募要項は、以下の通りです。

■申込期間と試験日程

申込期限
・7月中旬~下旬ごろ
・郵送は特定記録郵便のみ。受付終了日消印まで有効。封筒の表には試験の種類を朱書してください。
・持参は土、日を除く10:00~17:00にて受付。
・受験申込書は、5月以降に配布される予定です。請求方法は、直接人事課と郵送による方法があります。

試験日程
1次試験:9月上旬ごろ
2次試験:9月下旬ごろの指定された日(国会情勢により変更する場合あり)

■合格発表日
1次試験:9月上旬ごろ
最終合格者発表:10月上~中旬ごろ

■問い合わせ
衆議院事務局 庶務部人事課任用係

〒100-8960
東京都千代田区永田町1-7-1 (衆議院第二別館5階)
TEL:03-3581-6866(直通)
E-mail:jssaiyou@shugiinjk.go.jp
※メールでの添付ファイルは受け取れませんのでご注意ください。

採用関係以外のお問い合わせは、衆議院の代表(03-3581-5111)まで。

衆議院事務局職員 一般職(高卒程度)の受験資格について

衆議院事務局職員 一般職(高卒程度)の受験資格の詳細は以下の通りです。

①:日本国籍を有する者
②:受験年4月1日の時点で21歳以上30歳未満の者

なお、下記の項目に該当する場合は、国会職員法第2条の規定により採用試験を受けることができません。

1)成年被後見人又は被保佐人
2)懲役又は禁錮の刑に処せられて、その刑の執行を終わらない者又はその刑の執行を受けることのなくなるまでの者
3)懲戒処分により官公職を免ぜられ、その身分を失つた日から二年を経過しない者
4)前3項目のいずれかに該当する者のほか、国家公務員法(昭和二十二年法律第百二十号)の規定により官職に就く能力を有しない者

衆議院事務局職員 一般職(高卒程度)の試験内容について

衆議院事務局職員 一般職(高卒程度)の採用試験の詳細は、以下の通りです。

■1次試験:筆記試験
基礎能力試験(多肢選択式):試験時間120分
作文試験:試験時間60分
試験会場:東京大学教養学部

※作文試験の採点が行われるのは、基礎能力試験において基準点に達した者のみとなります。

■2次試験
個別による面接試験を行います。
試験会場:衆議院事務局

作文試験の過去出題例は、衆議院議員事務局ホームページ内「試験案内」の項より確認することができます。(PDF形式)
衆議院事務局ホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です