薬膳調整師認定試験の口コミと評判まとめ

薬膳調整師の認定試験に関する口コミと評判情報をまとめています。

薬膳に関するプロフェッショナルを認定する試験というのは、現状あまり多くはありません。

そのため非常に人気が高く、ライバルが多い認定試験ではありますが、薬膳を扱う仕事をするためには必須とも言える資格です。

地道に勉強をしていけば必ず合格ラインが見えてくる資格としても有名ですので、最近は主婦の方が薬剤調整師の認定試験を受ける場面も増えてきています。

 

薬膳調整師とは?

薬膳調整師とは、薬膳に関する基本的な知識から応用力、漢方としての効果や効能に対する知識を持っているかを、日本安全食料料理協会が試験を実施し、認定している資格になります。

漢方系の資格として広く知られていますが、薬膳とは医食同源を軸とする、あくまでも予防医学の分野になります。

その薬膳を調整する能力があるのか。

つまり薬膳の知識だけではなく、具体的にどう調整して調理するのか、という能力が必要になります。

こう書いてしまうと難しいというイメージがどうしても強くなってしまいますが、例えば五穀米や桃を使ったデザート等、私達の身の回りに馴染んでいる漢方食材や食品を想像すると、より理解が早まります。

そこからもう一歩踏み込んだ薬学としての食事をどう摂ってもらえば良いのか。

美味しく健康に、という基本的な考え方を持っている方であれば、決して難しい資格ではないのです。

 

薬膳調整師の口コミ情報

薬膳調整を口コミ情報の観点から、実際に資格を持っている方の情報や就職に関する情報をまとめました。

薬膳というワードが身近でも、薬膳調整師の認定試験に合格し、その評判や評価を推し量る機会というのはなかなかありません。

そうした意味でも、今から薬膳調整師を目指す方の参考になれば幸いです。
薬膳資格の薬膳調整師はこちら
まず薬膳調整師の就職先は専門料理店や料理教室が多いです。

あくまでも調理関連のお仕事になるため、漢方コーディネーターといったお仕事とはかなりスタンスが異なります。

しかし口コミでは漢方コーディネーターの資格を保有している方が、お客さんに具体的なアドバイスをするために、薬膳調整師の資格を同時に取得しているというケースも少なくありません。

認定試験の内容的に、知識として両者で被る部分も少なくないため、薬膳調整師の資格取得を目指している方は一考してみてください。

 

薬膳調整師は薬膳師の仕事ができるのか?

薬膳調整師の口コミではこの点を疑問に感じている方が多かったです。

実際に薬膳調整師とは、あくまでも薬膳に関する知識を持っている事が重要視されており、薬膳師のように実務重視の資格ではありません。

ただ、両方取得していれば、就職のチャンスがぐっと広がる事に違いはありませんので、まずは薬膳調整師の資格から取得を目指しているという方もいます。

薬膳調整師の給与については、就業先によって大きく異なりますが、一般的に年収300万円~400万円と認識されています。

口コミでは薬剤調整師の資格があったからこそ、責任者として厨房に立っているという人も少なくありません。

 

薬膳調整師になるためには

薬膳調整師になるには、ネット申し込み可能な在宅試験を受ける必要があります。
受験料は10,000円。

受験は年6回行われていますので、ある程度自分にとって都合の良いタイミングで認定試験を受ける事ができます。
漢方・薬膳  漢方・薬膳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です