色彩インストラクター認定試験口コミ評判

洋服や靴、カバンなど身に付ける物はなんでも色があります。色の組み合わせや配色のセンスには個性があります。色彩感覚はいろいろな場面で必要です。

資格としては色彩検定やカラーコーディネーターなどを取得し、仕事などに活用されている方は多くいらっしゃいます。そんな中、色を扱う能力を明らかにし、さらに指導者としての能力も身に付けることができる資格として、日本インストラクター協会が主催、認定している資格が色彩インストラクター認定試験です。

様々な商品を対象に、色の明るさや組み合わせ、色が持つ特性などを活かして配色を決めていくことなどを、さらにレベルアップさせていくために、おすすめの資格です。

スキルアップのために資格を取得するのはとてもいいことですよね。目標に向かって勉強するという過程もとても大切なものです。色彩のプロとして幅広く活躍するためにも、ぜひおすすめの資格です。

色彩インストラクターに必要なこと

色空間、彩度、明度、色味、色のコントラスト、ハレーション、色覚異常の方に配慮した配色、袋文字、マンセル表色系、オストワルト表色系などの理解、技術が必要となります。色彩の知覚や心理効果、色の文化や歴史の知識も必要となってきます。

独学でも資格取得は可能ではありますが、通信講座やスクールなどの講座を受講して勉強することをおすすめします。より早く効率よく勉強するには、集中講座などもよいと思います。

日本インストラクター協会が主催している認定試験は、およそ2か月に一度行われているので、最短2か月での取得が可能です。自分のペースで受験できるので、忙しい方でも予定が立てやすいでしょう。

受験資格は特にありません。ファッション業界やアパレル関係に就職したい学生、就職して働きながらスキルアップを目指したい社会人、副業などを考えている主婦の方、どなたでも受験することができます。

申し込み方法

日本インストラクター協会のホームページから申し込むことができます。受験料は消費税込みで10,000円です。

期間内に自宅で受験するという、在宅受験スタイルです。自宅なので緊張することもなく、十分に力が発揮できそうですね。期間内に自宅で受験し、日本インストラクター協会に郵送します。
色彩資格の色彩インストラクターはこちら
およそ1カ月後に、郵送にて合格通知が届きます。

合格基準

70%以上の評価で、資格を取得することができます。

合格者は、合格認定証と認定カードを発行することができます。

発行料金は、それぞれに5,500円です。

活躍の場

色彩インストラクターとしては、ファッション業界やインテリア業界、建築関係の企業で活用している方が多いようです。やはり色の組み合わせが必要な場面がたくさんある業界では活躍できそうです。すでに働きながら資格を取得する方もとても多くいらっしゃいます。指導者としてのスキルも身に付けているので、職場で後輩を育てるということにも役立つと思います。学生の間に取得しておくと、履歴書に資格として記入することもできますし、面接の際に有利に働くこともあると思います。また、カルチャースクールなどの講師活動をすることができるので、講師として活躍されている方もいらっしゃいます。

生活を快適にする色彩は、たくさんの場面で活用できそうです。
カラーセラピー  カラーセラピー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です