自転車技士について

自転車技士とは、規定規格の自転車を販売する際に、組み立てや検査、整備を行う技術者のことです。この資格を取得することで、車体の安全性を保障するJISやBAA,SGマークの入った自転車も扱うことができます。まさに自転車の整備・組み立てのプロフェッショナル資格です。

自転車技士の主な活躍の場は、サイクルショップや大型ショッピングセンター、デパートとなります。この資格がなくても自転車の販売に携わることはできますが、先述の通り安全性を保障できる自転車の取り扱いができるため、貴重な人材として重宝されています。就職や転職の際も資格があることで信頼度が高まるでしょう。

近年は自転車ブームにより、通勤や通学に自転車を利用する人が増えています。またアウトドアや旅行、サイクリングなどで楽しむ人も増えています。こうした傾向から自転車技士のニーズは今後高まっていくと考えられるでしょう。

自転車技士試験の応募要項について

自転車技士になるには、実施先による自転車技士試験に合格しなければいけません。
試験の概要は、以下の通りとなります。

■受験資格
1)試験実施年度の8月末日に、18歳以上であること
2)試験実施年度の8月末日に、自転車の組立、検査及び整備に関して2年以上の実務経験を有すること

■試験日程と申込期間(年1回実施)
試験日程:例年8月
申込期間:5月下旬~6月上旬ごろ
※詳細は4月中旬ごろに発表されます

■受験料(税込)
学科+実技:22,190円
学科のみ:8,562円
実技のみ:14,198円
※自転車安全整備士と両方受験する場合は、実施先による受験案内をご確認ください。

■合格発表日
10月上旬ごろ

■受験地
北海道、宮城県、茨城県、埼玉県、千葉県、東京都、愛知県、滋賀県、大阪府、広島県、香川県、福岡県
※受験年度によって変更する場合があります。

■資格の更新
自転車技士としての技術と知識の向上のために、5年ごとの資格更新が必要です。

■お問い合わせ
一般財団法人日本車両検査協会
お問い合わせフォームは、こちら

自転車技士試験の学科試験について

自転車技士試験の学科試験は、マークシート形式で実施されます。

1)自転車の構造、機能及び性能に関する知識
2)自転車の組立及び検査に関する知識
3)自転車の整備に関する知識
4)工業標準化法及び自転車・同部品の日本工業規格に関する知識
5)自転車の安全基準に関する知識

自転車技士試験の実技試験について

実技試験では、受験用自転車を自分で持参し、七分組の状態から分解や組み立てを行います。実技試験に使用できる自転車は新車であり、市販のスポーティ(スポーツ)車(マウンテンバイク類形車を含む)、あるいはマウンテンバイク(MTB)となります。仕様に適合する条件が細かく決められているので、詳細は受験年度の『受験者心得』をご確認ください。

■受験に使用する自転車の条件(一部)
1)リムはアルミのものに限る
2)ハンドルバーは中心線が目視で曲がりの確認できるものに限る
(直線状のものでないこと)
3)二輪で1人乗り
4)全長190㎝以下、全幅60㎝以下
(マウンテンバイクも全幅60㎝以下)
5)車輪の径の呼び26以上
6)フロントディレーラ(前部外装変速機)付きで大ギヤ2段以上
7)リヤディレーラ(後部外装変速機)付きで小ギヤ6段以上
8)前車輪、後車輪ともに32本以上のスポーク組
9)スポークは、プレーンスポーク(断面が全長に渡って円形で、太さが均一
なもの)のもの
10)前車輪、後車輪ともにハブの固定はナット締付け式又はクイックレリー
ズ式ハブのもの

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です