自然ガイドの資格について

自然ガイドとは、公益社団法人日本山岳ガイド協会によるガイド資格のひとつです。なお自然ガイドは、職能範囲によって「自然ガイドステージⅠ」、「自然ガイドステージⅡ」に分かれています。

自然ガイドステージⅠについて

自然ガイドステージⅠ職能範囲には、以下のように定められています。

・無積雪期の国内における、人間社会と隣接する里地・里山・山地・高原において自然、歴史、民俗等を解説する自然ガイド行為を行う事ができる
・自然ガイド単独資格者は、ピークハントが主たる目的となる登山ガイド業務は行ってはならない

活動エリアの例
・雪の無い時期の高原、山野、里地里山
・上高地、尾瀬ヶ原、霧ヶ峰等の高原など

※ただし公共交通手段でアプローチできるフィールドでその施設周辺での活動は認められる。(立山弥陀ヶ原、千畳敷カール、白馬八方尾根八方池など)

■受験資格
満20歳以上で健康で体力があり、通算100日以上の自然活動経験を有する者

■申込時の提出書類
・受験申請書+顔写真2枚
・住民票
・自然活動歴報告書、ガイド歴がある場合にはその報告書
・健康診断書(筆記試験日前1年以内に受診したもの)
・受験料振込明細書(コピー可)

■一次試験
・筆記試験にて実施
・受験料20,000円
・一次試験に合格しなければ二次試験は受験できません

試験概要
共通科目:基礎的知識、ガイド業務関連知識
専門科目:自然ガイド専門知識、安全管理
小論文

■二次試験
・実技による試験(2日)
・受験料28,000円

検定科目
・無積雪期自然観察路ルートガイディング
・自然解説技術
・安全管理技術

各試験の有効年数や免除規定は、受験年度の試験案内をご確認ください

自然ガイドステージⅡについて

自然ガイドステージⅡ職能範囲には、以下のように定められています。

・国内において四季を通じて、人間社会と隣接する里地・里山・山地・高原において自然、歴史、民俗等を解説する自然ガイド行為を行う事ができる
・自然ガイド単独資格者は、ピークハントが主たる目的となる登山ガイド業務は行ってはならない

活動エリアの例
・雪のない時期の高原、山野、里地里山、および積雪期の里地里山
・高原、山野は、森林限界を越えない範囲とする
・積雪期の日光戦場ヶ原、霧ヶ峰などの交通機関と隣接する地帯

■受験資格
・満20歳以上であること
・健康で体力があり、本会の「自然ガイド ステージⅠ」資格を有する者
・ステージⅠの試験から連続して受験する場合は、ステージⅠの無積雪期実技試験を合格した者
・通算100日以上の自然活動経験を有し、内10日以上の積雪期の自然活動経験を有する者

■一次試験
ステージⅠの項をご確認ください

■二次試験
・実技による試験(2日)
・受験料30,000円

検定科目
・積雪期自然観察路ルートガイディング
・自然解説技術
・安全管理技術

各試験の有効年数や免除規定は、受験年度の試験案内をご確認ください

自然ガイドの資格更新について

山岳ガイド・国際山岳ガイドの資格には有効期間があり、更新するためは所定の手続きを行う必要があります。

■自然ガイドステージⅠ
・3年ごとに4単位(2日間)以上の資格更新研修を受講すること
・有効期限内に満65歳に達した場合は、その間1回以上の資格更新研修会を履修し、次の資格有効期間を確定している者は、その後3年毎に2日間の机上研修を受講すること

■山岳ガイドステージⅡ
・3年ごとに4単位(4日間)以上の資格更新研修を受講すること
・有効期限内に満65歳に達した場合は、その間1回以上の資格更新研修会を履修し、次の資格有効期間を確定している者は、その後3年毎に2日間の机上研修を受講すること

■お問い合わせ
公益社団法人日本山岳ガイド協会
TEL:03-3358-9806
FAX:03-3358-9780
E-mail: office@jfmga.com

※お問い合わせは、よくあるご質問ページをご確認のうえ、ご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です