総合旅行業務取扱管理者の資格・試験について

総合旅行業務取扱管理者とは、国内唯一の旅行業界に関する国家資格である「旅行業務取扱管理者」のひとつです。もう一方の資格である国内旅行業務取扱管理者と異なり、海外旅行も扱うことができます。

総合旅行業務取扱管理者の主な役割は、国内旅行・海外旅行における旅の企画立案や取引・実施です。このほか旅行プランを申し込んだお客様に内容を説明したり、契約を交わすといった業務や、旅行に関する広告が適切であるか判断することも総合旅行業務取扱管理者の業務となります。全国どこでもニーズが高く、就職・転職ともに有利な資格です。

最近では、仕事に役立てるほかプライベートに役立てたいと考える受験者も増え、自分や家族との旅行をより充実したものにするために取得を目指しています。

国内旅行業務取扱管理者の合格者の約半数が学生であるのに対し、総合旅行業務取扱管理者は約半数が旅行関連業に従事している人となります。網羅すべき範囲が広いぶん難易度が高くなるので、こうした傾向がみられると考えられます。しかし国家資格でありながら受験制限がないので、未経験者も合格を狙うことは可能です。通信講座などで勉強すれば効率よく合格することができます。

総合旅行業務取扱管理者試験の受験要項について

■申込期間と試験日程
試験日程:10月上旬~中旬ごろ
申込期間:7月上旬~8月上旬ごろ

■受験料
6,500円

指定日までに金融機関窓口又はATMでお振込みください。
なおインターネット(ネットバンキング)でのお振込みはできません。

■合格発表日
11月下旬ごろ

なお合格者は簡易書留で合格証発送され、不合格者は(欠席者は除く)通知書発送(葉書)が送られます。

■願書郵送先
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-3-3 全日通霞が関ビル
一般社団法人日本旅行業協会 本部 試験係

■受験地
北海道(札幌市)、宮城(仙台市)、東京、愛知(名古屋市)、兵庫(神戸)、広島(広島市)、福岡(福岡市)、沖縄(那覇市)

なお 受験者は、「試験地」の選択はできますが、「試験会場」を選択することは出来ません。
受験会場に関しては、受験票にてお知らせします。

■問い合わせ
一般社団法人 日本旅行業協会
研修・試験部(試験係)
TEL:03-3592-1277

総合旅行業務取扱管理者試験の試験内容について

総合旅行業務取扱管理者試験はマークシート方式で実施されます。合格ラインは60%の正解です。試験科目は以下の通りとなります。

■試験科目
1)旅行業法及び、これに基づく命令
2)旅行業約款、運送約款及び宿泊約款
3)国内旅行実務
4)海外旅行実務

また公式サイトでは、過去5年分の問題と正解を掲載しています。詳細は参考URLをご確認ください。
参考URL:https://www.jata-net.or.jp/seminar/exam/guide/exam.html

※過去問題に関する解説は対応しておりませんので、お問い合わせはご遠慮ください。

総合旅行業務取扱管理者試験の免除制度について

総合旅行業務取扱管理者試験では、下記に該当した者が申請を行うことにより試験の一部免除を受けることができます。

1)国内旅行業務取扱管理者有資格者
2)前年度・今年度総合旅行業務取扱管理者研修での「海外旅行実務」修了者
3)前年度・今年度総合旅行業務取扱管理者研修での「国内旅行実務」修了者
4)前年度・今年度総合旅行業務取扱管理者研修での「海外旅行実務」及び「国内旅行実務」修了者
5)国内旅行業務取扱管理者有資格者で前年度・今年度総合旅行業務取扱管理者研修「海外旅行実務」修了者

それぞれ該当者が免除される科目の詳細は、下記参考URLをご確認ください。
参考URL:https://www.jata-net.or.jp/seminar/exam/guide/examsogo_09menjo.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です