紅茶マイスター認定試験口コミ評判

紅茶マイスターは、日本安全食料料理協会が主催している紅茶と経営のプロを目指すための認定試験です。

紅茶を飲む時間は、ゆったりとした時間が流れて、心も体も癒されます。休憩やお茶会にはとても重要な役割を担っている紅茶です。

紅茶好きな方が、紅茶専門店や喫茶店を経営したいという夢を持っていても不思議ではありません。

紅茶マイスター認定試験は、紅茶についての知識に加えて、マーケティングや開業の基礎知識と、それを活用できる能力を身に付けているということを認定する試験です。

日本安全食料料理協会

日本安全食料料理協会は、食品と料理の技術を社会に活かせる人材作りを目指しています。資格の認定によって社会的に通用する技術を持っているという信頼を確立し、技術の向上に努力する人材を育成することを目的として、様々な認定試験を開催している団体です。

資格認定試験

紅茶マイスター認定試験をはじめ、日本安全食料料理協会の認定試験は2ヶ月に一度のペースで、年に6回開催されています。

在宅受験の形式をとっていますので、忙しい方でも都合をつけやすいですね。

受験料は、税込みで10,000円です。受験資格は、特にありません。

インターネットから申し込むと、受験票や試験問題、解答用紙が郵送されてきます。代金引換で送られてきますので、受験料を支払います。

そして、指定された期間内の都合の良い日に受験して、返送します。

合格基準

紅茶マイスター認定試験の合格基準は、70%です。

在宅受験ですから、準備をしっかりしておけば、合格することができるでしょう。

合格通知は1ヵ月後に郵送されてきます。

また、合格認定証と認定カードを発行することもできます。合格の記念に、発行してみてはいかがでしょうか。それぞれ税込み5,500円です。

試験に合格するために

おすすめなのは通信講座を受講し、自身での勉強を積み重ねることです。通信講座は、時間の自由が利くので、忙しい方にも工夫次第で受講する時間が取れます。独学よりも、効率がよく短期間で集中して資格取得に向かっていけるというのも利点です。
紅茶資格の紅茶マイスターはこちら
合格するために必要な知識としては、マーケティング、開業、運営の基礎知識、ティールームの企画と計画から内装・設備などについて学んでおくことです。

どんなサロンにしたいのかなど、具体的に想像しながら学んでいくと、実際に開業するときにとても役に立ちますね。

また、日本安全食料料理協会では、紅茶アドバイザーの資格認定試験も行っていますので、先にそちらを取得してから紅茶マイスターの勉強を始めるとスムーズかもしれません。両方を取得していると活用できる幅がかなり広がるようです。

紅茶マイスターとしての活躍の場

ティールームの経営を行うことができるので、お店を持つ方は少なくありません。現在は従業員という方でも、経営者としての視点を身に付けることで様々な角度から仕事をすることができます。

また、カルチャースクールなどの講師活動をおこなったり、紅茶教室やサロンを自宅で開いてセミナー講師をしたりすることもできます。

紅茶以外の分野でも、マーケティング力や運営力は幅広く活用することができるので、活躍の場はたくさんあると思います。
紅茶  紅茶

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です