紅茶アドバイザー認定試験口コミ評判

紅茶を飲むことが好きで、インターネットで勉強したりしている方。もう一歩踏み込んで、資格を取得してみたいと思ったことはありませんか。

紅茶にはたくさんの種類がありますよね。それを自由に組み合わせられたら素敵ですよね。

日本安全食料料理協会が行っている紅茶アドバイザー認定試験は、茶葉の種類、カップ&ソーサー、美味しい紅茶の淹れ方などの知識が身についていることを認定する試験です。

その日の体調や気分に合わせておいしいオリジナルブレンドを作れるのも夢ではありません。家族や友人にアドバイスして、一緒に楽しむこともできます。一目置かれる存在になるかもしれません。また、人にアドバイスできるレベルになれば、仕事に活かすこともできます。趣味が高じて仕事につながるということも十分にあり得ますよね。

日本安全食料料理協会とは

食品・料理技術の様々なスキルの認定試験を行っている団体です。ある一定以上の技術や知識を身に付けているということを認定するもので、社会に十分に通用する人材の育成にも力を入れています。

認定試験に向かって学ぶべきこと

茶葉の分類、紅茶の等級と各等級、紅茶の淹れ方と効能、生産地と種類、紅茶の様々な製法、などの知識や技術が必要になってきます。

趣味の範囲を超えて、基礎から学んでいくと、持っている知識をさらに活かすことができるようになります。そのためにも、資格取得を目指した通信講座を受講しながら学ぶことをおすすめします。自分の都合で、時間を決めて学ぶことも可能ですし、効率よくしっかり身に付けることができると思います。

試験を受けるには

日本安全食料料理協会では、様々な認定試験を実施しています。

2ヶ月に一度のペースで、年6回、受験のチャンスがあります。

申し込みは、インターネットから行います。

受験料は税込み10,000円です。受験資格はありませんので、誰でも受験することができます。

資格試験というと、試験会場へ出かけて、ということが多いですが、日本安全食料料理協会の試験は自宅で受けることができます。全国どこにいても受験できるので、場所の心配はまずありません。

受験日も期間内で都合の良い日を選ぶ形式ですので、忙しい方でも予定が立てやすいですね。

合格するには

70%以上の評価を受けることが、合格の基準となります。

自宅で受験できますから、準備さえしておけば十分合格することができるでしょう。

試験に合格すると、1ヵ月後に合格通知が郵送されてきます。
紅茶資格の紅茶アドバイザーはこちら
また、合格認定証と認定カードを発行することもできます。発行にはそれぞれ税込み5,500円が必要となりますが、合格の記念に発行してみてはいかがでしょうか。

紅茶アドバイザーとして

自宅に友人や知人を招いて、紅茶を出すときには一味違った美味しさをふるまうことができ、きっと喜ばれることでしょう。

また、紅茶アドバイザーの資格を活かして紅茶教室や、セミナーを開催することができますし、自宅で行っている方もいらっしゃいます。紅茶好きのコミュニティを作って、意見交換や情報交換をする楽しみも増えそうです。

お茶を活かしたカフェなどを経営する方もいらっしゃいますので、活用できる場所は多くありそうですね。
紅茶  紅茶

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です