箱根細工技能士について

箱根細工技能士とは、箱根・小田原エリアに伝わる伝統的工芸品・箱根細工における技能を判定する公的資格の検定です。
資格の種類は全部で5種類あります。(箱物技能、木象嵌工作、寄木技能、組木技能、挽物技能)
いずれの場合も難易度は高く、資格取得までには実務経験を含めた長い年月を必要とします。
資格取得者の主な活躍の場は、伝統工芸品産業の振興や研修です。公的な研修期間などで後継者を育成することが、彼らの重要な役割となっています。

箱根細工について

箱根細工とは、いくつかの種類の木材を寄せ合わせることで作り上げる木工芸品です。それぞれの木材が持つ色や木目を生かしながら幾何学文様を作り出した厚みのある板を「種板」と呼び、これを薄く削ることで製品にします。
加工の仕方はさまざまで、薄くした種板を木製品に張り付けたり、装飾に使ったり、種板をそのまま使うこともあります。引出しや宝石箱、コースター、花器、ストラップなど幅広く生産され、箱根や小田原のお土産屋でたびたび見かけることができます。

この技術は江戸時代末期から継承されおり、昭和59年5月には、通商産業大臣から「伝統的工芸品」として指定されました。伝統的工芸品とは、原材料や技術、技法といった工芸品の要となる部分が、今日まで継承されていながら時代のニーズに応えるために産業環境に適応した改良を行う工芸品にのみ与えられた称号です。

箱根細工技能士の受験申し込みについて

箱根細工技能士の検定に関する詳細は、以下の通りです。

■受験資格
箱根細工における実務経験が10年以上である者。

■申込期間
1月上旬ごろ。
(およそ5日間とされています)

■試験日程(年1回実施)
実技試験:1月下旬ごろ
学科期間:1月下旬ごろ

資格の種類を問わず、日程は共通です。

■受験料
原則として無料。ただし材料費などは自己負担となります。

■受験地
神奈川県産業技術センター工芸技術所内

[所在地] 〒250-0055小田原市久野621
TEL:0465-35-3557(代表)

■合格発表日
2月上旬ごろ

■お問い合わせ
一般社団法人 箱根物産連合会
TEL:0465-32-5252

神奈川県産業労働局労働部 産業人材課
TEL:045-210-5720

神奈川県産業技術センター 工芸技術所
TEL:0465-35-3557

箱根細工技能士の試験内容について

箱根細工技能士の学科試験、実技試験の詳細は、以下の通りです。
なお実技問題の内容に関しては、事前に公表されます。

■学科試験
・木工工作法
・木工機械と関連設備
・材料
・製図
・安全衛生

■実技試験
資格の種類に応じた実技試験を受けます。

[箱物技能] 部材の拾い出し、原寸図の作成、型板および定規の制作
箱物工作、金具類の取付け、積算および見積り

[木象嵌技能] 部材の拾い出し、原寸図の作成、型板および定規の制作
木象嵌制作、積算および見積り

[寄木技能] 部材の拾い出し、原寸図の作成、型板および定規の制作
寄木工作、積算および見積り

[組木工作] 部材の拾い出し、原寸図の作成、型板および定規の制作
組木工作、積算および見積り

[挽物工作] 部材の拾い出し、原寸図の作成、型板および定規の制作
挽物工作、積算および見積り

■免除について
箱根細工技能士の検定では、経験などに応じた学科試験や実技試験の免除制度が設けられています。
詳細に関しては、実施先までご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です