競技別指導者資格(コーチ)について

競技別指導者資格とは、指導員やコーチ、教師、上級指導員、上級コーチ、上級教師と全部で6種類あり、「コーチ」はそのうちのひとつです。さらに競技別指導者資格とは、公的資格である「スポーツ指導者」に属する資格のひとつとなっています。

競技別指導者資格は、地域や商業のスポーツ施設や学校、競技別の専門的な運動施設などで専門的な指導を行っている人や、指導者を志している人に適した資格となっています。その中でもコーチは、地域でのスポーツ活動における競技者育成や、スポーツセンターや競技別の専門的な施設での有望な競技者の育成・巡廻指導の協力が主な役割となっています。

競技別指導者資格(コーチ)の講座について

■受講資格
受講する年の4月1日の時点で満20歳以上の者で、当該競技団体の定める事項に該当する者。
そのほかの受講資格に関しては、それぞれの中央競技団体の規定に従います。

■受講期間
6月~翌年3月

■申込期間
2月中旬~3月下旬ごろ

■カリキュラムの種類と時間
共通科目:集合講習40時間+自宅学習112.5時間の合計152.5時間
・共通科目Ⅰ
・共通科目Ⅱ
・共通科目Ⅲ

専門科目:中央競技団体による計画・実施。60時間以上。

■受験料
共通科目:19,440円
専門科目:10,800円

■合格基準
共通科目:筆記試験で満点中6割以上で合格となります
専門科目:実施競技団体が定めた筆記試験やレポート課題、技能検定による総合判定

■問い合わせ
各中央競技団体

競技別指導者資格(コーチ)の養成実施競技について

競技別指導者資格(コーチ)の養成実施協議は以下の通りです。
ただし、実施年度によっては実施されない競技もありますので年度ごとに必ずご確認ください。

陸上競技、水泳、サッカー、スキー、テニス、ボート、ホッケー、ボクシング、バレーボール
体操、バスケットボール、スケート、レスリング、セーリング、 ウエイトリフティング、ハンドボール

自転車競技、ソフトテニス、フェンシング、卓球、軟式野球、相撲、馬術、柔道、ソフトボール
バドミントン、弓道、ライフル射撃、ラグビーフットボール、山岳、カヌー、 アーチェリー

空手道、アイスホッケー、銃剣道、なぎなた、ボウリング、ボブスレー・リュージュ・スケルトン
カーリング、エアロビック、 ダンススポーツ

カリキュラムの内容について

競技別指導者資格(コーチ)で実施される共通科目の内容は、以下の通りとなります。
専門科目の内容については、実施する団体や競技などによって異なります。

【共通科目Ⅰ】

■文化としてのスポーツ
・スポーツの概念と歴史
・文化としてのスポーツ

■指導者の役割Ⅰ

・スポーツ指導者とは
・スポーツ指導者の倫理
・指導者の心構え・視点
・世界の舞台をめざすアスリートの発掘・育成の重要性と指導者の役割

■トレーニング論Ⅰ

・体力とは
・トレーニングの進め方
・トレーニングの種類

■スポーツ指導者に必要な医学的知識Ⅰ
・スポーツと健康
・スポーツ活動中に多いケガや病気
・救急処置

■スポーツと栄養

■指導計画と安全管理
・指導計画の立て方
・スポーツ活動と安全管理

■ジュニア期のスポーツ
・発育発達期の身体的特徴、心理的特徴
・発育発達期に多いケガや病気
・発育発達期のプログラム

■地域におけるスポーツ振興
・地域におけるスポーツ振興方策と行政のかかわり
・総合型地域スポーツクラブの必要性と社会的意義
・地域におけるスポーツクラブとしての「スポーツ少年団」

【共通科目Ⅱ】

■社会の中のスポーツ
・社会の中のスポーツ
・我が国のスポーツプロモーション

■スポーツと法
・スポーツ事故におけるスポーツ指導者の法的責任
・スポーツと人権(虐待、セクシュアルハラスメントなど)

■スポーツの心理Ⅰ
・スポーツと心
・スポーツにおける動機づけ
・コーチングの心理

■スポーツ組織の運営と事業
・総合型地域スポーツクラブの育成と運営
・スポーツ組織のマネジメントと事業のマーケティング
・スポーツ事業のプロモーション

■対象に合わせたスポーツ指導

・中高年者とスポーツ
・女性とスポーツ
・障害者とスポーツ

【共通科目Ⅲ】

■指導者の役割Ⅱ
・プレーヤーと指導者の望ましい関係
・ミーティングの方法
・世界の頂点をめざすアスリートの育成・強化の在り方と指導者の役割

■アスリートの栄養・食事
・アスリートの栄養摂取と食生活

■スポーツの心理Ⅱ
・メンタルマネジメントとは
・リラクセーション
・イメージトレーニング
・集中力のトレーニング
・心理的コンディショニング
・あがり、スランプの克服
・指導者のメンタルマネジメント

■身体のしくみと働き
・運動器のしくみと働き
・呼吸循環器系の働きとエネルギー供給
・スポーツバイオメカニクスの基礎

■トレーニング論Ⅱ
・トレーニング理論とその方法
・トレーニング計画とその実際
・体力テストとその活用
・スキルの獲得とその獲得過程

■競技者育成のための指導法
・トップアスリートを育てるために~指導者が持つべき視点~
・トップアスリートの育成・強化の方法とその評価
・競技力向上のためのチームマネジメント
・競技力向上のための情報とその活用

■スポーツ指導者に必要な アスリートの健康管理医学的知識Ⅱ
・アスリートの内科的障害と対策
・アスリートの外傷・障害と対策
・アスレティックリハビリテーションとトレーニング計画
・コンディショニングの手法
・スポーツによる精神障害と対策
・特殊環境下での対応
・ドーピング防止

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です