福祉資格人気ランキング

日本の福祉は海外でも評価を得るほど高度なものとなっています。福祉の仕事をするためにはその仕事について学び資格を取得することで福祉に携われる仕事に参加することができます。福祉の仕事とと言っても広範にわたります。利用者の生活を直接的に支援する在宅サービスや福祉施設などの他に、社会福祉協議会や福祉関係行政機関などの相談援助をする仕事などもあります。
福祉の現場は大変です。それでも絶対必要な仕事なのです。
福祉資格を取得すると、医療現場や福祉施設や福祉の行政機関などで活躍することができ、やりがいのある仕事を求める人とっては人気の資格なのです。

1位福祉心理カウンセラー

福祉心理カウンセラーは医療では補いきれない心のケア―をカウンセリングを通じて行う仕事です。

福祉心理カウンセラー資格を取得するに当たっては、カウンセリングの基本から実践までを学習していきます。

さらに、カウンセリングを対象とする精神疾患についてや薬の取り入れ方などの専門的な知識も習得することが資格取得後は

心理カウンセラーとして、医療機関・福祉施設・介護施設・教育機関などで、福祉カウンセラーとして活躍することができます。
福祉心理カウンセラーはこちら

 2位福祉心理アドバイザー

福祉心理アドバイザーとは福祉についての基本的な知識や様々な心理に関する知識を取得し、福祉を学びたい人達に教えることができる一定以上の能力に達した者が取得できる資格です。
福祉心理カウンセラー資格を取得し次のステップとして福祉心理アドバイザー資格を取得される人が多く、資格取得後は講師としてセミナーをしたり、カルチャースクールで指導するこそができます。
福祉心理アドバイザーはこちら

3位介護福祉士

介護福祉士は社会福祉士、精神福祉士と並ぶ福祉の三大資格とされる高度な資格となります。
介護福祉士は実際介護の現場では重要な役割を持っているため、専門的知識及び技術を習得しなければなりません。実践では身体的に生活が困難な人や、又は精神上の障害があり日常生活を営むことができない人に対して介助作業を行ったり、介護指導を行ったりすることを徹底的に学びます。

資格取得は難しいですが、取得できると活躍の場は大きく需要のある仕事です。

4位福祉住環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーターは高齢者や障害者が住みやすく生活できるよう住環境を整えコーディネートする仕事です。

そのため、利用者の介護度によって建築、医療、介護福祉、行政との間に立って利用者の住環境をスムーズに整えるための調整役をします。

福祉住環境コーディネーターになるためには医療、福祉、建築の3つの分野の知識を学ぶこと、建築士やケアマネージャーとの連携を取りながらプランを立てるためプランニングについての知識を深めること、または、利用者の使用する、福祉用具についての知識も習得することになります。

福祉住環境コーディネーター資格を取得すると福祉の現場での即戦力にもなれるため、人気の資格となります。

5位社会福祉士

社会福祉士の資格を取得するには、社会福祉士の国家試験に合格しなければばりません。社会福祉士はかなり難関な試験のため専門的な知識を時間をかけて勉強する必要があります。

そのため、社会福祉士資格を取得すると社会福祉協議会、社会福祉事務所、児童福祉関係の施設や身体障害者福祉関係施設
知的障害者関係施設、精神障害者関係施設、老人福祉関係施設、介護老人保健施設などで働くことができる、将来的には有望な資格なのです。

社会福祉士になるためには人の体のことから、医療のこと、心理的学的な知識、コミニュケ―ション能力、介護知識、法律的な知識など、かなりの知識を習得していきます。

国家資格のため、一年に一回しかなく、落ちてしまうとまた翌年まで受験することができません。

6位保育士

保育士は保育所や児童施設などで子供の保育を行うことができる国家資格です。

保育士資格は社会福祉や保育原理、教育原理、食について、子供の保健、など子供を教育する上で必要な知識を習得し、さらに実習なども経験し定められた一定の学習を習得した者に与えられる資格です。

保育士資格は子供が好きな方には天職ともいえる仕事で、自身の出産や子育ての経験にも活かせることなどから、特に女性に人気の高い資格となったいます。
福祉心理カウンセラー  福祉心理カウンセラー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です