福祉心理カウンセラー認定試験の口コミと評判まとめ

福祉心理カウンセラーの認定試験に関する口コミと評判、その他、受験される方に役立つ情報をまとめています。

これから受験される方、受験しようか迷っている方は、是非参考にされてください。

 

福祉心理カウンセラーとは?

福祉心理カウンセラーとは、日本アロマメディカル心理セラピー協会が試験を実施し、一定以上の技術を持っている人をカウンセラーとして認定している資格の一種になります。

カウンセラーという資格は数が多く、難易度も様々。

その中で自宅に居ながら、インターネットで取得できる資格の一つが福祉心理カウンセラーになります。

カウンセラーと聞くと難しそうと思われる方も多いかもしれません。

確かに難しいのですが、福祉心理カウンセラーの評判としては、決して困難という程、難易度の高い資格とはなっていません。

しっかりと心理学を学び、その心理学を元に患者の症状やストレスを軽減する。

それと同時に福祉というサービスについての知識、学力を備えていれば、ある程度広い間口で試験合格している人が多い資格でもあります。

既に日本アロマメディカル心理セラピー協会から、合格基準は70%以上の正解者というボーダーが表示されていますので、自己採点しながら本番に備えやすい資格としても認知されています。
福祉心理カウンセラーはこちら
 

福祉心理カウンセラーの口コミ情報

福祉心理カウンセラーの口コミでよく話題になる箇所をピックアップしてみました。

1.福祉心理カウンセラーの給与について

実際に福祉心理カウンセラーの資格を取得して、就職や給与についてどの程度反映されるのか。

ここを気にされている方が最も多かったです。

生活がきちんと維持できる仕事に就けるのか。

頑張って資格を取得する以上、ここは大切な部分です。

結論として、給与形態に関しては千差万別。

既に就職している会社の中で、福祉心理カウンセラーの資格を取得し、社内でカウンセリング業務も行う。

この場合は既存の給与の上にプラスされる形になります。

一方、福祉心理カウンセラーの資格を基礎として、上級心理カウンセラーや産業カウンセラーの資格を取得し、カウンセラー枠で就職される方もいます。

具体的な年収数値としては、300万~400万。

最も難しいと言われている臨床心理士の資格保有者の方でも、500万~1000万と大きくばらつきがあるのが実態です。

 

2.福祉心理カウンセラーの就職について

現在の日本社会において、カウンセラーという職業そのものの需要が大きく高まっています。

この点を意識している口コミ情報は非常に多く、引く手あまたというコメントも少なくありません。

実際、福祉心理カウンセラーの資格を持っているというだけでも、面接官の顔色が変わる事はよくあります。

なぜなら大きな会社であればある程、心理カウンセラーの重要性が改められているため。

大体50人に1人の割合で、資格保有者のカウンセラーが必要と言われています。

また単純に心理カウンセラーの資格を持っている人というのは、自己管理にも優れているという世間一般のイメージがあり、学生の間に福祉心理カウンセラーの資格を取っておこうという人が多いのです。

 

福祉心理カウンセラーになるためには

福祉心理カウンセラーになるには、年6回程度開催されている実施試験に合格する必要があります。

受験料は10,000円。

受験資格そのものは設定されていないため、原則としてどなたでも受験申し込みをする事ができます。
福祉心理カウンセラー  福祉心理カウンセラー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です