福祉心理アドバイザー認定試験の口コミと評判まとめ

福祉心理アドバイザー認定試験の口コミ情報や評判を受験される方の目線でご紹介していきます。

福祉心理アドバイザー認定試験は、他の資格と比較するとやや受験生が少ない分野でもありますので、初めて知ったという方も是非チェックしてみてください。

 

福祉心理アドバイザーとは?

福祉心理アドバイザーとは、日本インストラクター協会が発行している資格になります。

よく混同されるのですが、福祉心理カウンセラーとは異なる資格で、福祉心理アドバイザーはあくまでも、心理学の基礎だけではなく、指導者としてのノウハウも取得している方が目指す資格です。

人に教える能力も必要になってきますので、福祉心理カウンセラーよりは、やや難易度が高い資格。

ただ、試験の内容自体は、福祉心理アドバイザーと重なる部分も多いため、同時に資格取得を目指している方も少なくありません。

具体的にどういう仕事が多いのかというと、講師や会社内のアドバイザーとして活動している方がほとんど。

指導者としての資格になりますので、個人でスクールを開校している方も一部で存在します。

福祉心理アドバイザーは認定試験自体が難しいと言われていますが、実際には正答率70%以上での合格が決められている、しっかりと勉強している人であれば誰でも合格できる資格です。

 

福祉心理アドバイザーの口コミ情報

福祉心理アドバイザーに関する口コミ情報をまとめていますので、認定試験を検討されている方は、是非その先の未来について検討してみてください。
福祉心理アドバイザーはこちら
1.福祉心理アドバイザーの年収について

既に福祉心理アドバイザーの勉強をされている方にとって、最も気になるのがアドバイザーとしての年収だと思います。

この点は口コミでもよく話題になっている部分ですね。

実際の福祉心理アドバイザーの年収に関しては、大体400万円前後が目安と言われています。

若干低いと思われた方も多いかもしれませんが、アドバイザーとしての需要そのものが、他の資格に比べてハードルが高いため。平均値としてはこの付近に落ち着いています。

実際の福祉心理アドバイザーの年収に関しては、個人差がある部分ですので、あくまでも目安として参考にしていきましょう。

個人で福祉心理アドバイザーの資格を活かし、スクールを開校されている方には800万円前後の年収を得ている場合もあります。

それだけ可能性を秘めた資格でもあるという事が、数多くの福祉心理アドバイザーの口コミからも伺えます。

 

2.福祉心理アドバイザーの就職について

福祉心理アドバイザーの認定試験を受け、企業のアドバイザー枠として就職されている方も少なくありません。

これは企業の運営に携わるという事ではなく、あくまでも従業員の心理カウンセラーを兼ねた、アドバイザーという意味ですね。

口コミでは就職というよりも、個人で福祉心理アドバイザーの資格を利用して講師として活動している方が圧倒的に多い印象でした。

実際に福祉心理アドバイザーの認定試験を受けられる方は、教師を目指している方や、既に教職や講師として活動されている方が多く、指導者や教育者としてのノウハウを既に持っている方が、自身の付加価値を高めるために取得しているというイメージが強くなっています。

もちろんそういった方だけではなく、大学生や専門学生で就職のために取得しているという方も少なくありません。

 

福祉心理アドバイザーになるためには

福祉心理アドバイザーになるには、年6回開催されている認定試験で合格する必要があります。

この認定試験の受験料は10,000円。

インターネット受験が可能な資格なので、自宅で試験を受ける事ができます。
福祉心理カウンセラー  福祉心理カウンセラー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です