社会人常識マナー検定試験について

社会人常識マナー検定試験とは、公益社団法人 全国経理教育協会による民間資格の検定です。以前は「社会常識能力検定試験」という名前でしたが、平成27年度より現在の名称となりました。社会人常識マナー検定試験では、ビジネスパーソンが良好な人間関係を築く上で必要な実務的・実践的なマナーの有無を判定します。レベル別に1~3級に分かれていますが、いずれの等級も受験資格に制限はなく、どなたでも受験することが可能です。

社会人常識マナー検定試験 1級について

■申込期間と試験日程(年3回実施)

試験日程:6月上旬ごろ
申込期限:4月中旬~5月中旬ごろ

試験日程:9月下旬ごろ
申込期限:8月上~下旬ごろ

試験日程:翌1月中旬ごろ
申込期限:11月中旬~12月中旬ごろ

■受験料(税込)
4,200円

■合格発表日
試験日の約1か月後

■試験概要
試験時間:90分
出題形式:筆記試験
試験対象者:ビジネス場面で発揮できる、下記のコミュニケーション能力を習得している者

・企業・社会のしくみと幅広い社会常識
・目標達成のために自ら率先して高度な業務を処理できる知識
・ビジネスマナーを活用し、後輩指導・グループをまとめるリーダーシップとトラブル対応など

■試験科目
①社会常識(仕事の進め方)
②コミュニケーション(職場の人間関係、社会人としての話し方、ビジネス文書)

■合格基準
1科目100点満点とし、全科目得点70点以上であること

社会人常識マナー検定試験 2級について

■申込期間と試験日程
1級と同じく、年3回実施されます。
日程や申込期間の詳細は、1級のこちらの項をご確認ください。

■受験料(税込)
2,700円

■合格発表日
試験日の約1か月後

■試験概要
試験時間:60分
出題形式:筆記試験
試験対象者:良好な人間関係を築き、保つための下記のコミュニケーション能力を習得している者

・企業や社会のしくみと、一般的な社会常識に対する理解
・仕事を処理するために必要な知識やビジネスマナー

■試験科目
①社会常識(職業観と企業、仕事の進め方、一般知識)
②コミュニケーション(職場の人間関係、社会人としての話し方、ビジネス文書)
③ビジネスマナー(接遇マナー、接遇マナー、電話応対、交際業務、会議、ファイリング)

■合格基準
1科目100点満点とし、全科目得点70点以上であること

社会人常識マナー検定試験 3級について

■申込期間と試験日程
1級と同じく、年3回実施されます。
日程や申込期間の詳細は、1級のこちらの項をご確認ください。

■受験料(税込)
2,200円

■合格発表日
試験日の約1か月後

■試験概要
試験時間:60分
出題形式:筆記試験
試験対象者:良好な人間関係を築くための下記のコミュニケーション能力を習得している者

・社会や組織の一員として必要不可欠な社会常識に対する理解
・初歩的な仕事を処理するために必要な知識やビジネスマナー

■試験科目
①社会常識(職業観と企業、仕事の進め方、一般知識)
②コミュニケーション(職場の人間関係、社会人としての話し方、ビジネス文書)
③ビジネスマナー(職場のマナー、接遇マナー、電話応対、交際業務、郵便の知識)

■合格基準
1科目100点満点とし、全科目得点70点以上であること

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です