皇宮護衛官(高卒程度)の資格・採用試験について

皇宮護衛官とは、皇宮警察本部に所属する国家公務員です。皇宮警察本部には警務部、護衛部、警備部と3つの部門があり、皇宮護衛官は主に「護衛」と「警備」を務めます。護衛では天皇・皇后両陛下や皇族の守り、警備では皇居、御所、御用邸などへの不審者の侵入などを防ぎます。高卒程度の試験は7月中旬ごろから受付を開始するため、その年の試験情報や受験案内は6月中旬ごろに官報公告されます。受験の際には、必ず確認しましょう。

皇宮護衛官(高卒程度)の受験資格について

皇宮護衛官(高卒程度)の採用試験を受けるには、下記の条件を満たす必要があります。

■護衛官
①:試験年度の4月1日において、高等学校(高卒程度)または、中等教育学校を卒業した日から起算して5年を経過していない者
あるいは、試験年度の3月までに高等学校又は中等教育学校を卒業する見込みの者
②:人事院が①に掲げる者に準ずると認める者

■護衛官(社会人)
①40歳未満の者(護衛官の①)の期間が経過した者、あるいは人事院がこれらの者に準ずると認める者に限る

ここで言う「準ずると認める者」とは、高等学校に相当する教育機関の卒業者のほか、中学卒業後一定期間内の者が主な対象となります

皇宮護衛官(高卒程度)の応募要項に科目ついて

■申込期間と試験日程
申込期限:7月中~下旬ごろ

試験日程
1次試験:9月下旬ごろ
2次試験:10月下旬ごろの指定された日

■受験料
無料

■受験地
1次試験:札幌、仙台、東京、名古屋、京都、広島、高松、福岡、熊本、鹿児島、那覇
2次試験:札幌、仙台、東京、京都、広島、福岡、那覇

■合格発表日
1次試験:10月中旬ごろ
最終合格者発表:11月下旬ごろ

■問い合わせ
採用直通ダイヤル
TEL:03-3217-1516

人事院人材局試験課
TEL:03-3581-5311(内線2331)

各地方の人事院は以下の通り。

人事院北海道事務局
TEL:011-241-1248
人事院東北事務局
TEL:022-221-2022
人事院関東事務局
TEL:048-740-2006~8
人事院中部事務局
TEL:052-961-6838
人事院近畿事務局
TEL:06-4796-2191
人事院中国事務局
TEL:082-228-1183
人事院四国事務局
TEL:087-831-4765
人事院九州事務局
TEL:092-431-7733
人事院沖縄事務所
TEL:098-834-8400

皇宮警察本部による「QA」ページは、こちら

皇宮護衛官(高卒程度)の試験内容について

皇宮護衛官(高卒程度)では、1次試験に筆記試験を、2次試験では面接試験や身体検査などを行います。

■1次試験

【基礎能力試験】
出題形式:多肢選択式
試験時間:1時間30分
出題数:全40題
概要:公務員に必要な基礎的な能力や知識を問います。

試験範囲と出題数
・知能分野20題(文章理解、判断推理、数的推理、資料解釈)
・知識分野20題(自然科学、人文科学、社会科学)※時事含む

【作文試験】
試験時間:50分
出題数:1題
概要:文章による表現力や課題に対する理解力を問います

■2次試験

【人物試験】
試験時間:3時間
概要:個別面接による、人柄・対人能力の判定
※参考として性格検査も実施されます

【身体検査】
主に胸部疾患(胸部エックス線撮影含む)、血圧、尿、そのほか一般内科系の検査を行います。
【身体測定】
身長、体重、視力、色覚について測定します。
【体力検査】
上体起こし、立ち幅跳び、反復横飛びによる検査。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です