登山ガイドの資格について

登山ガイドとは、公益社団法人日本山岳ガイド協会によるガイド資格のひとつです。なお登山ガイドは、職能範囲によって「登山ガイドステージⅠ」、「登山ガイドステージⅡ」、「登山ガイドステージⅢ」に分かれています。

登山ガイドステージⅠについて

登山ガイドステージⅠ職能範囲は、以下のように定められています。

・国内の無積雪期山地における山地や山岳地帯での整備された登山道で、登山ガイド行為を行うことができる

活動エリアの例
・無積雪期の一般登山道
・登山地図の実線で示された登山道
※破線、難路と示された登山道は除く
※沢登りはできません

■受験資格
・満20歳以上であること
・健康で体力があり、通算120日以上の登山経験を有し、うち標高1500m以上の積雪期10日間がある者

■申込時の提出書類
・受験申請書+顔写真2枚
・住民票
・自然活動歴報告書、ガイド歴がある場合にはその報告書
・健康診断書(筆記試験日前1年以内に受診したもの)
・受験料振込明細書(コピー可)

■一次試験
・筆記試験にて実施
・受験料20,000円
・他の資格で一次試験に合格している場合は共通科目が免除されます
(受験料は15,000円)

試験概要
共通科目:基礎的知識、ガイド業務関連知識
専門科目:登山ガイド専門知識、安全管理
小論文

■二次試験
実技による試験です。検定科目が「無積雪期ルートガイディング自然解説技術」「安全管理技術 基礎」に分かれており、それぞれ2日で実施されます。
受験料は各検定科目30,000円です。

各試験の有効年数や免除規定は、受験年度の試験案内をご確認ください

登山ガイドステージⅡについて

登山ガイドステージⅡ職能範囲は、以下のように定められています。

・国内で四季を通じて整備された登山道において、登山ガイド行為を行う事ができる
※ただし、スキーガイド分野は別に資格を取得する必要があります。

活動エリアの例
・無積雪期の一般登山道
・登山地図の実線で示されたコース
※破線、難路と示された登山道は除く
※沢登りはできません
※積雪期は、森林限界を越えないでロープウェイなど冬季も開設されている施設から2~3時間の日帰りできる範囲(例:北八ヶ岳中山峠~高見石、縞枯山、北横岳まで)

■受験資格
・満20歳以上であること
・健康で体力があり、通算120日以上の登山経験を有し、うち標高1500m以上
の積雪期20日間がある者

■申込時の提出書類
・受験申請書+顔写真2枚
・住民票
・自然活動歴報告書、ガイド歴がある場合にはその報告書
・健康診断書(筆記試験日前1年以内に受診したもの)
・受験料振込明細書(コピー可)

■一次試験
・筆記試験にて実施
・受験料20,000円
・他の資格で一次試験に合格している場合は共通科目が免除されます
(受験料は15,000円)

試験概要
共通科目:基礎的知識、ガイド業務関連知識
専門科目:登山ガイド専門知識、安全管理
小論文

■二次試験
各検定項目と日数、検定料は以下の通りです。

無積雪期ルートガイディング・自然解説技術
日数:2日
検定料:30,000円

積雪期ルートガイディング・自然解説技術
日数:2日
検定料:30,000円

安全管理技術 基礎
日数:2日
検定料:30,000円

雪の安全管理技術 基礎
日数:2日
検定料:30,000円

スキーガイド ステージⅠ※選択科目
日数:4日
検定料:45,000円

スキーガイド ステージⅡ※選択科目
日数:10日
検定料:120,000円

雪崩対策技術※選択科目
日数:4日
検定料:45,000円

各試験の有効年数や免除規定といった諸注意は、受験年度の試験案内をご確認ください。

登山ガイドステージⅢについて

登山ガイドステージⅢ職能範囲は、以下のように定められています。

・国内で無積雪期を通じて登山道が示されているコースの登山ガイド行為を行うことができる
・積雪期においては、通年営業を行う施設(山小屋、レストハウスなど)から容易に登山できる
・領域で岩稜、急峻な雪稜を持たない範囲をガイドできる
※ただし、スキーガイド分野は別に資格を取得する必要があります。

活動エリアの例
・無積雪期の一般登山道
・登山地図の実線、破線で示されたコース
・東北、北海道などのテント泊や避難小屋を利用する縦走コース、容易な沢登りコースなど
・積雪期は、山小屋から日帰り可能な容易な雪山登山
(例:北八ヶ岳中山峠~高見石、縞枯山、北横岳、天狗岳・硫黄岳、蓼科山など)

詳細については、自然ガイド・登山ガイドにおけるガイド対顧客標準人数比率に係る規定を参照のこと。

■受験資格
・すでに登山ガイドステージⅡを取得し、同資格として正会員入会後1年を経過した者
・上記の同資格として100日以上のガイド実務経験を有する者
・すでに危急時対応技術講習会もしくはファーストエイド講習会を修了している者

■申込時の提出書類
・書類審査申請書
※書類審査料5,000円
・ガイド歴報告書
・書類審査料振込明細書(コピー可)

■書類審査
整合性、登山歴(ガイド歴)の審査を行います。

■二次試験(実技)
各検定項目と日数、検定料は以下の通りです。

ロープワーク技術と岩稜歩行技術
日数:2日
検定料:40,000円

無積雪期ルートガイディング
日数:3日
検定料:50,000円

積雪期ルートガイディング
日数:3日
検定料:50,000円

スキーガイド ステージⅠ※選択科目
日数:4日
検定料:45,000円

スキーガイド ステージⅡ※選択科目
日数:10日
検定料:120,000円

雪崩対策技術※選択科目
日数:4日
検定料:45,000円

各試験の有効年数や免除規定といった諸注意は、受験年度の試験案内をご確認ください。

■お問い合わせ
公益社団法人日本山岳ガイド協会
TEL:03-3358-9806
FAX:03-3358-9780
E-mail: office@jfmga.com

※お問い合わせは、よくあるご質問ページをご確認のうえ、ご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です