発酵食品資格人気ランキング

発酵食品

はじめに

発酵食品とは、食物中の炭水化物やたんぱく質が分解されて、人間にとって良いものとなることです。分解するのは、微生物や酵素の働きによるものです。人間にとって良いものとは、しょうゆ、味噌、酒、パン、漬物などがあります。もっと発酵食品について理解と知識を深めるための資格があります。

1位 発酵食健康アドバイザー

日本インストラクター協会が発行する資格です。食べ物なので、日常生活に密着している資格といえます。発酵食品の、美容や健康への効果、菌の働きや効果への知識が問われます。ほかにも、発酵食品の料理、効果的な食べ合わせ方、自家製発酵食品の作り方といった知識が必要です。資格を取得した後は、発酵食品を生活に取り入れるためのアドバイザーとして活動できます。試験については、資格は特にありません。受験費用は1万円で、インターネットからの申し込みができます。在宅での受験で、2ヶ月に1回試験を受けるチャンスがあります。
発酵食品資格の発酵食健康アドバイザーはこちら

2位 有機美容発酵食品マイスター

「マイスター」とは、「マスター」あるいは「マエストロ」と同じ意味を持っています。親方、名人、主人、巨匠という意味があります。有機美容発酵食品マイスターは、日本安全食料料理協会が発行する資格です。発酵食品についての幅広い知識があるという証明の資格です。幅広い知識とは、次のようなことです。発酵と腐敗はどこが違うのでしょう、発酵食品はそれぞれどう違うのでしょう、麹や菌の働きとは何でしょう。これらのことに深い理解がある方です。資格があると、自分では健康的な生活を送ることができます。さたに、飲食関係、健康や美容、食育や教育の仕事に就くときに有利です。試験は2ヶ月に1回開催、資格は特になし、受験費用は1万円、ネットで申し込んで在宅での受験です。70パーセント以上の評価で合格です。
発酵食品資格の有機美容発酵食品マイスターはこちら

3位 健康食コーディネーター

職業技能振興会が発行する資格です。健康食品やサプリメントに対して、信頼できる情報を提供できます。世間の人は、正しい知識を持った人つまりアドバイザリースタッフのアドバイスを望んでいるのです。この資格は、健康食品やサプリメントの製造・研究・開発・販売の業界で働いている方が多く取得しています。つまり、仕事に直結している資格ですね。受験料は7000円で、資格は特になし、60パーセント以上の評価があれば合格できます。日本健康食品科学アカデミーというところでは、通信講座があります。より理解を深めるために、受講するといいですね。費用は、受講料5000円、テキスト代3800円、テキスト代送料525円です。

4位 発酵マイスター

日本発酵文化協会の発行する資格です。発酵マイスター養成講座とベーシック講座を受けて、課題を提出、試験を受けて合格すると資格取得です。講座の中には、実食も含まれています。費用は、マイスターの講座だけで約14万円です。発酵マイスターという資格は、発酵食品を積極的に取り入れるという意味で、日常生活の中の食卓に活かすことができます。また、発酵マイスターとしてお料理教室を開いたり、発酵の魅力を広めるための活動ができます。さらに、発酵プロフェッショナルという上位資格を受ける資格を得ることができるのです。上位資格があるので、より知識と理解を深めようとする人にはいいものです。

5位 発酵食スペシャリスト

ホールフード協会によると、「醸しにすと(カモシニスト)」という通称があります。「醸す」とは「醸造すること」で、発酵作用を利用して食品を製造することです。味噌や醤油があります。発酵食スペシャリストは、味噌などの調味料の使いこなし方、発酵食の効果や正しい選び方、調理法、国内外の発酵食品の知識を得た人に与え垂れるものです。ほかにも、体力アップのため、美肌つくり、年代別、栄養バランスメニューについてそれぞれのレシピを考えてアドバイスできるようになります。この資格は、養成講座を通信教育で受けて、講座が終了する時に資格を取得できます。養成講座は36000円で、認定証の発行は有料です。

まとめ

発酵食品の人気資格を紹介しました。資格を取ると、その後の活動や仕事をするときの肩書となります。資格は、知識を持っている人の証ですから、何か一つでも取っておくといいでしょう。
発酵食品  発酵食品