猫の育て方アドバイザー口コミ評判

猫資格

はじめに

近年、猫を育てるのが好きな方も多くなっていて、すでにペットとしては犬よりも人気があることも多いです。
そんな中、猫の育て方アドバイザーという認定試験があるのを知っているでしょうか。
日本生活環境支援協会が提供しているもので、これを取得した場合、さまざまな活躍が望めます。
猫が人間のパートナーとして認められている現代だからこそ、取得する価値のある資格だと言えるでしょう。

日本生活環境支援協会とは

日本生活環境支援協会は、猫の育て方アドバイザー資格のように、日本人の生活環境に伴う資格を提供している協会です。
または、その支援などに活用できるものを提供している協会となっています。
扱っている資格も多く、近年はさらに資格の認定制度を強化するなど、幅広くおこなっているのが特徴となっているのです。

試験を受けるには

猫の育て方アドバイザーの認定試験を受けるための受験資格は、特に設定されているわけではありません。
誰もがこの試験を受けることができるため、猫好きな方はもちろん、ペットショップの店員やブリーダーの方に人気があります。
資格としての有用性も高く、猫の育て方アドバイザーを取得すればさまざまなシーンで活躍することができます。
試験自体は勉強が必要となるし、基礎から応用まで幅広い知識が必要となることは言うまでもありません。
猫に対して、色々な知識を持っておくことが必要となります。ただ、合格すれば自身の成長にも繋がっていくものだと言えるでしょう。
猫資格の猫の育て方アドバイザーはこちら

合格するには

猫の育て方アドバイザーに合格するためには、猫の育て方に関する知識を有していることが必要となります。
それも、網羅的に知識が必要となるため、豊富な知識が必要です。
例えば、猫を飼う上で必要となる費用についてはもちろん、飼う前に揃えておきたいもの、猫の選び方、猫が暮らしやすい環境、子猫と母猫の対応、生殖に関する知識、子猫から成猫の育成方法、排尿や排便の知識、病気や動物病院のことなど幅広い知識が必要です。
また、猫には食べさせてはいけない食品などもありますし、やってはいけない行動などもあります。
さらには、毛の手入れや避妊方法など、知っておくべき知識はとても豊富です。
もちろん、猫の種類や種類別の特徴なども知っておくことが必要となります。
合格するために必要な知識はとても豊富なので、独学で勉強する他、猫に関する資料も目を通しておくことが必要です。
その他、例えばテキストなども活用して猫に対する知識を深めていけば、合格も見えてきます。

認定試験に向かって

認定試験はインターネットから申込みが可能で、自宅で受験する在宅受験が通例となっています。つまり、ネット環境さえあれば、試験を受けることができます。
合格のためには試験の設問に対して、70%以上の正解が必要となります。
このパーセンテージを見ると、逆に言えば、少々間違ったとしてもある程度は合格できる確率と言えます。
もちろん全問正解することに越したことはありませんが、合格率自体は決して低くありません。
猫の育て方アドバイザーはちゃんと勉強しておけば、合格できないということはないでしょう。
ただ、認定試験というだけあって、求められるのは猫に対する専門的な知識です。
特に猫の育て方アドバイザーの場合は、育て方に関することはすべて熟知しておくことが必要となるでしょう。
また、アドバイザー資格となるため、人に教えるための知識も必要です。

合格後の活躍

猫の育て方アドバイザーに合格すれば、自分がアドバイザーになって、多くのペットショップ店員や、ブリーダーにアドバイスすることが可能となります。
アドバイザーとして活躍する一方、自分で教室やスクールを開いて講師として活躍することも可能となっています。ぜひ挑戦してみてください。
猫好きな方であれば、取得して損のない資格と言えるでしょう。
猫の育て方  猫の育て方