犬・ドッグトレーニング資格人気ランキング

ドッグトレーニングトリミング

現在の日本では、子どもの数よりもペットの数の方が多いとも言われています。
そんな中で、忙しい飼い主に代わって、ペットのしつけやトレーニングをする“ドッグトレーナー”の仕事のニーズが高まっています。

今後増え続ける仕事のために、資格を取っておくといいかと思いますので、犬・ドッグトレーニングの資格人気ランキングをご紹介します。

《1位 ドッグトレーニングアドバイザー》

一般家庭の犬のしつけについての、基礎的な知識やトレーニングを行うことができる資格です。

お座りなどの基本的なしつけや、無駄吠え、甘噛みなどの悪い癖を直すなど、資格取得後はドッグトレーニングアドバイザーとして、自宅やカルチャースクールで講師として活躍することができます。

JLESA日本生活環境支援協会の受験は毎年偶数月に開催され、インターネットで申し込むことができます。(受講料10,000円)

受験資格がなく、自宅で受験することができるので、気軽に受けられるのも人気の理由かもしれません。
ドッグトレーニング資格のドッグトレーニングアドバイザーはこちら

《2位 犬のしつけインストラクター》

飼い主とペットの信頼関係を築くためにしつけをトレーニングするスペシャリストを“しつけインストラクター”と呼びます。

無駄吠えなどの基本的なしつけの他、道具を使ったしつけの方法や、犬種によるしつけの違い、多頭飼いの飼育方法など、専門的な知事を持っていることを証明できる資格になります。

犬のトレーニングはもちろんですが、飼い主が自分でペットにしつけができるように指導する“しつけ教室”なども実施する事ができます。

他にも動物病院やペットカフェなどでも活躍することができます。

JIAの日本インストラクター技術協会の受験は毎年偶数月に開催され、インターネットで申し込むことができます。(受講料10,000円)

こちらも自宅で受験することができるので、忙しい方にも受けやすいですね。
ドッグトレーニング資格の犬のしつけインストラクターはこちら

《3位 家庭犬ドッグトレーナー》

国際家庭犬トレーニング協会が認定する資格で、一般に飼育されている犬のしつけや相談に乗り、問題行動の解決を指導するドックトレーナーになるための資格です。

家庭犬ドッグトレーナーには4つの種類がありますので、詳細をご紹介します。

◎家庭犬トレーナー2級
通信講座受講(8ヵ月)と研修終了後に、実技・筆記試験を受けて、合格後に取得できる資格です。(受講・受験費用63,000円)

→プロのトレーナーになる第一歩。
基礎的なトレーニング技術や、行動心理、コミュニケーション方法、コーチング技術などを学ぶことができます。

◎家庭犬トレーナー1級
家庭トレーナー2級を取得してから、2年以上実務経験をしてから、認定校で1年以上の課程を修了後、実技・筆記試験を受けて合格後に取得できる資格です。

◎家庭犬トレーナー(アドミニストレーター)
家庭犬トレーナー1級を取得してから所定の講習を終了後、実技・筆記試験を受けて合格後に取得できる資格です。

→トレーニング技術だけでなく、トレーナーを指導するドッグトレーニングスクールの責任者としても活躍する事ができます。

◎家庭犬トレーナー(スーパーバイザー)
アドミニストレーターを取得してから所定の講習を終了後、実技・筆記試験を受けて合格後に取得できる資格です。

→プロフェッショナルを目指す方にお勧めです。

家庭犬ドッグトレーナーの資格は、順を追って取得するようになっていますので、まずは家庭犬トレーナー2級を受講してみましょう。

《4位 JCSA認定「ドッグトリマー」》

一般社会法人 日本キャリア教育技能検定協会の資格になります。
専門講座を受講・終了し、認定課題を満たした場合受験料0円・交付料6,000円で、トリマーの資格を取得する事ができます。

求人サイトでもトリマーの募集が多く、資格取得後もすぐに働き始める事ができるため、とても人気のある資格です。

《5位JCSA認定「ドッグトレーナー」》

ドッグトリマーと法人・試験内容は同じになります。
犬のしつけや飼い主への指導を行う事ができる資格です。

《まとめ》

ドッグトレーナーと一括りにしていましたが、分野や指導内容ごとに取得すべき資格が違っていることがわかりました。

資格取得後にどんな場面で活躍したいのか、どんな目的を持ってドッグトレーナーになりたいのかを明確にすることで、たくさんあるドッグトレーニング資格の中から、自分に合った資格を見つけ出す事ができるかと思います。

今後増えていく人間と犬との関係をより良いものにしていくために、ドッグトレーナーとして頑張ってほしいですね。
ドッグトレーニング  ドッグトレーニング