焼酎資格人気ランキング

焼酎

はじめに

お酒を好む方で独特の風味を持つ焼酎を特に愛されている方もいるでしょう。焼酎で資格を取得できるということを知っていますか? 様々な面で役に立つ資格が多いです。もしお酒に関する仕事を始めたいと考えているなら是非資格取得を目指してみてはいかがでしょうか?

1位 焼酎セレクトマイスター

JSFCA日本安全食料料理協会が主催する認定試験です。資格取得に必要な知識は焼酎の歴史や製造方法、原材料に関する知識を持っている必要があります。他に各土地の気候や風土の違いによって製造される焼酎の知識も必要です。もちろん飲み方(ロック・水割り、お湯割り、ソーダ割)などの正しい知識も求められます。主に飲食関係やお酒を取り扱う人に人気の資格です。受験方法は在宅でできるので自分の都合に合わせてできるのもいいですね。
焼酎資格の焼酎セレクトマイスターはこちら

2位 焼酎セレクトアドバイザー

JIA日本インストラクター協会が主催する認定試験です。焼酎の特徴や製造方法だけではなく選定方法や飲み方、グラスの飲み方の知識も必要になります。他にも焼酎に合う料理の選び方など焼酎だけではなく他の方面でも必要な知識が多くなってきます。資格を取得後は飲食関係やお酒を提供する場での仕事をすることができます。お酒関係の仕事をしたい方は是非取得しておきたい資格のひとつですね。
焼酎資格の焼酎セレクトアドバイザーはこちら

3位 焼酎危唎酒師

日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)が主催する認定試験です。飲食店従事者や酒類販売店、焼酎愛好家などが主に資格を取得しています。相手にどんな焼酎が合っているか、どのように飲むと一番美味しいかなど、コーディネートやアドバイスを行うことができます。資格を取得するためには焼酎のテイスティング力も身につきます。資格を取得するためにはいくつか方法があり、自分に合ったスタイルで受験を行えます。通信コースのみ試験はなく。全6回の添削問題を提出して全クリアすることで資格取得になります。会場受講と在宅受講は試験が必須となります。

4位 焼酎検定

日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)が主催する検定です。焼酎の魅力を色んな人が知る機会として、消費者が焼酎を楽しむことを目的とした検定です。20歳以上であれば誰でも受験することができます。テイスティング問題はなく、筆記試験のみです。焼酎についてもっと詳しく知りたい人、もっと勉強したい人にオススメの検定なので1級・準1級・2級・3級の合格を目指して試験を受けてみてはいかがでしょうか。

5位 焼酎きき酒師

日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)が主催する認定試験であり、4次試験まで行われます。3次試験でテイスティングも行われますので味に関する知識も必須です。合格率は77.7%と他の試験に比べると少し難易度がさがっています。この資格を取得していると飲み手へのアドバイスなども出来るのでお酒に関する仕事をしている人は取得を目指す人が多いです。受験・受講料は5万5千円、認定登録料は2万5千円など結構お金のかかる資格ですが、それ以上に人気の高い資格でもありますね。

まとめ

今回は焼酎に関する資格についてご紹介させて頂きましたが、いかがだったでしょうか?特にお酒に関する仕事をしたい人には必須と言っても過言ではない資格がいくつかあります。どの資格を取得すればいいのか悩んでいる人は参考にしてみてください。資格取得後に出来ることは似たような感じですが、資格の種類によってできることとできないことがありますので気を付けてくださいね。ちなみにですが、一般的に取得率が高いのは1位の焼酎セレクトマイスターと2位の焼酎セレクトアドバイザーのふたつでしょうか。まだ資格を取得していない人はこのふたつの取得をしてから、次に取得する資格をどれにするか決めてもいいかかもしれませんね。どの資格も取得して損はないものばかりですので検討してみてはいかがでしょうか?
焼酎  焼酎