焼酎セレクトマイスター口コミ評判

焼酎

はじめに

焼酎を飲むのが好き、という人はたくさんいます。自分なりにこだわって飲む人もいれば、いつでも同じ飲み方が好き、というこだわり派もいます。
好きな焼酎だけに、もっとバリエーションがあったら、もっとおいしい組み合わせやレシピがあったら、もっと焼酎を楽しむことができるでしょう。
焼酎についての知識があり、アドバイスできるのは焼酎セレクトマイスターです。この資格について、詳しく説明します。

焼酎セレクトマイスターとは

焼酎セレクトマイスターは、日本安全食料料理協会が発行している資格です。
焼酎について全般の知識が求められます。
焼酎の歴史、製造方法、原材料の芋、米、蕎麦、胡麻、味噌についての基本的な知識のほか、各土地の気候・風土・文化に合わせた手法の違いと特徴についての知識が認められた資格ということです。
また、焼酎の味の特徴も把握していることが必要です。
飲む人の好みに合わせた水割り、お湯割り、ロック、ソーダ割りといった飲み方についても熟知していて、焼酎好きの人にアドバイスしてあげることができるのです。
焼酎セレクトマイスターという資格を取得すると、飲食業界での仕事に活かすことができます。飲食店やお酒の小売店・卸売り店で仕事をする人に向いています。
また、マイスターという熟練した人という資格は、自宅やスクールで教室を開いて講師としての道も可能です。マイスターとは、熟練者、名人、巨匠といった意味です。

焼酎セレクトマイスター認定試験とは

焼酎セレクトマイスター認定試験を受けるにあたって、資格は特に設定されていません。広く門が開かれた資格なのです。
受験費用は消費税込みで1万円です。
申し込みは、協会のホームページからインターネットで申し込みします。受験は、在宅で行います。解答用紙で、70パーセント以上の評価を得ることができれば、合格です。資格取得の証明書である認定証は、協会のホームページから有料で申し込むことができます。合格者専用ページからアクセスできます。
認定試験のための受験票、試験問題、解答用紙は、随時発送されてきます。試験期間は、偶数月の20日から25日で、この中から都合に合わせた1日で受験します。
解答用紙は、提出期限までに返信用の封筒で協会に送ります。
試験日が1日だけで、どこかの試験会場に出かけるとなると、受験できないという人は多いでしょう。
そんな人でも、ネットで申し込み、在宅で受験できることは便利ですね。受験しやすい環境が整っているのです。

焼酎セレクトマイスター認定試験の口コミ

焼酎セレクトマイスター認定試験を受けて、どのように思っているのか、口コミです。
焼酎資格の焼酎セレクトマイスターはこちら
・飲食店を経営しているので、仕事に役立てようと思った。
・資格のおかげで、お客さまに焼酎と料理のことを聞かれて、きちんと答えられるようになった。お客さまとの会話が増えて、嬉しく思っている。
・焼酎のことは知っているつもりでいたけれど、資格のためにいろいろ知らなかったことを知ることができた。知識が広がった。
・お酒が好きなので、受験しようと思った。
・在宅なので受験できた。自分の都合で受験できるのがよかった。

このような口コミがありました。
やはり、飲食業に就いている人は、焼酎セレクトマイスターという資格は役に立っています。
知識がすぐに役立てることができるところがいいですね。
好きで知っているつもりでも、焼酎は奥が深いところがあります。
そうだったんだ、という部分まで知識が持っていると、会話も弾んでくるでしょう。
焼酎セレクトマイスターという資格は、お酒が好きという人には人気があります。

さいごに

焼酎セレクトマイスター認定試験について、内容と口コミを紹介しました。
認定試験に合格して資格を取得すると、仕事でもプライベートでも、お酒を飲む機会には知識は役立てることができますね。
いつも同じ飲み方ではなく、たまには新しいレシピにトライすることもできます。
お酒好きの人でも、仕事にしたい人でも、焼酎セレクトマイスターは向いています。
幅広い人に向いている資格なのです。
焼酎  焼酎