焼酎セレクトアドバイザー口コミ評判

焼酎

はじめに

焼酎はとても奥が深いものですが、実際に詳しいという方はそこまで多くありません。
ワインやビールなどに詳しい方が多い一方で、焼酎について熟知しているという方はそこまで多くないでしょう。
そんな中、人気となっているのが焼酎セレクトアドバイザーです。
この資格があれば役立つことは間違いないでしょう。
もちろん、趣味で取得するのも良いです。

日本インストラクター協会とは

日本インストラクター協会では、さまざまな試験を提供することによって、合格者にインストラクター資格を提供しています。
まだ、インストラクターに限らず、アドバイザーなどの資格も扱っていて、それによって趣味を充実させている方や仕事に活かしている方も多いです。

試験を受けるには

焼酎セレクトアドバイザーの試験を受けるために必要な条件は、ありません。
誰でも受験可能となっているため、取得したい方は自分で勉強して合格を目指すことが可能となっています。
ただし、求められる知識はとても豊富で、焼酎の特徴や製法、選定方法、飲み方、グラスの選び方、合わせる料理などについても熟知していることが必要となります。
試験を受けるための条件はありませんが、費用が10,000円と設定されているため、その費用だけは用意しておくことが必要です。
ただ、インターネットから簡単に申込みできますし、在宅受験も可能な点は楽だと言えるでしょう。
合格基準としては70%以上なので、ある程度勉強して知識を持てば、合格することもできるでしょう。

合格するには

焼酎セレクトアドバイザーに合格するためには、焼酎の知識が必要となります。
当然ですが、求められる知識は基礎から応用まで幅広いものです。
また、焼酎の楽しみ方など、細かな点にも知識を増やしていくことが必要となります。
焼酎セレクトアドバイザーの場合は、焼酎を楽しむ環境や雰囲気の作り方や焼酎を使ったオリジナルの酎ハイに関する知識も知っておくことが必要となります。
焼酎資格の焼酎セレクトアドバイザーはこちら
合格するためには、普通に独学で勉強する他、テキストなども活用することが必要となるでしょう。
ただ、近年は独学の方法も多様化していて、色々と情報も集められる世の中となっています。
それらの焼酎に関する知識を正しく理解すれば、焼酎セレクトアドバイザーも合格できるでしょう。

ただ、焼酎セレクトアドバイザーの場合はアドバイザー資格となるため、人にアドバイスすることが必要となります。
そのための知識を習得した方に認定される資格であることを自覚する必要があるでしょう。
人に教えることができるというのは、その知識を自分のものにしたと同義です。そこは、頭で整理できるようにしておくと良いです。

認定試験に向かって

認定試験の合格基準は70%となっているため、設問に対して7割正解すれば合格することが可能です。
試験自体は難しい問題もあるのですが、逆に言えば7割以上正解すれば良いので、3割は間違っても大丈夫です。
その点に着目して、まずは焼酎の基本から知識を増やしていくと良いです。
代表的な設問としては、焼酎の特徴や製法などに関するものが多いため、応用よりも基礎をしっかりと蓄えておくことが重要となります。
また、基礎の知識がしっかりしていれば、その知識を使って応用することも可能です。
つまり、設問が難しくても、基礎知識で応用していくことが可能なのです。
そう考えると、最初は焼酎のイロハをしっかり学んでいくことが、合格への近道となるでしょう。

合格後の活躍

焼酎セレクトアドバイザーに合格すれば、アドバイザーとして活躍することが可能となります。
飲食関係の仕事での活躍が大きく、焼酎などのアルコール類を提供する場での活躍が見込めます。
また、趣味として焼酎を楽しむという方は、焼酎セレクトアドバイザーの知識を使って、より楽しみの幅を広げていくことも可能だと言えるでしょう。
焼酎好きな方は、是非挑戦してみてください。
焼酎  焼酎