漢方コーディネーター認定試験の口コミと評判まとめ

漢方コーディネーター認定試験の口コミと評判をまとめていますので、漢方コーディネーターを目指している方は参考にされてください。

漢方コーディネーターの資格は専門的な知識が必要とされるものの、求人数が多く、着実に就職に有利に働く資格です。

実際に薬剤師として薬の調合を行う場合には、薬剤師の免許が必要になりますが、漢方関連の職場で働く際には漢方コーディネーターの資格があるだけでも十分お仕事が可能になっています。

 

漢方コーディネーターとは?

漢方コーディネーターとは日本安全食料料理協会が発行している資格になります。

漢方の基礎的な知識や、漢方薬の実際の使い方。

これらのベースとなる能力だけではなく、漢方そのものの歴史や、なぜ漢方が必要とされているのか。

こうした総合的なスペシャリストとしての知識が量られる事になります。

この時点で難しそうと思われた方もいるかもしれませんが、実際に難易度は一般的な資格系で比較すると、かなり敷居の高い分野となっています。

ただ、生薬に関する基本的な知識を得る事は決して難しい事ではありません。

最近は漢方系の書籍も手軽に入手できるようになりました。

また漢方コーディネーターの有資格者が講座を行っている事もあります。

より身近になっている漢方コーディネーターの資格ですが、合格率はやはり低いと言われています。

敷居は高いですが、資格が実益に結びつきやすいジャンルでもありますので、人気は非常に高いです。

 

漢方コーディネーターの口コミ情報

漢方コーディネーターの口コミ情報を詳しくまとめています。

実際に認定試験を受けた方だけではなく、既に漢方コーディネーターとして仕事をされている方の口コミも含まれていますので、認定試験を受ける予定の方は是非参考に。
漢方資格の漢方コーディネーターはこちら
漢方コーディネーターの試験内容について。

漢方コーディネーターは試験が難しいと言われています。

その最たる理由は植物名や生薬としての組み合わせを覚えるのが大変だということ。

しかし中には、大変だからこそ漢方コーディネーターと薬膳調整師の資格を同時に取ったという人も少なくありません。

共有する部分が多いので、この機会に取得資格を増やすというのは正しい選択です。

ただまったく同じ資格という訳ではありませんので、その点だけ注意が必要。

実際の試験では患者の症状に合わせて、具体的にどういった診断方法と処置を施すのかが問われる事になります。

基礎知識だけではなく、漢方コーディネーターとしての実務能力が問われる事になる点にも気をつけておきましょう。

漢方コーディネーターの就職先について。

漢方コーディネーターの就職は漢方薬局やドラッグストアが最も有名ですが、コーディネーターとしての能力を活かし、講師として活躍している方もいます。

実際に調合をして、それを患者に提供する場合には薬剤師としての資格が必要になりますが、症状を聞いてすぐにおすすめの市販薬を紹介する事は可能です。

こうした臨機応変な能力が必要になるものの、漢方コーディネーターとしての求人は非常に多く、人手不足という口コミ情報も数多く見かけます。

 

漢方コーディネーターになるためには

漢方コーディネーターになるには、日本安全食料料理協会が行っている年6回の認定試験のいずれかを受験する必要があります。

受験料は10,000円。

ネット申し込み可能で、在宅試験を受ける事ができます。
漢方・薬膳  漢方・薬膳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です