温泉観光資格人気ランキング

温泉

旅行に行くと温泉に入りたくなるのは日本人の性でしょうか。
その温泉の知識があることで、旅行自体が充実したものになり、効能や正しい入り方の知識により、健康に暮らす事ができるようになります。

温泉への知識を深め、充実した人生をスタートさせてみませんか?

≪1位 温泉観光アドバイザー≫

全国の温泉の所在地や泉質・泉温・効能・特徴を理解し、温泉に関する歴史や観光に関する知識を証明する事ができる資格です。

希望の観光地から温泉をセレクトするなど、カルチャースクールの講師として活躍する事ができます。
温泉資格の温泉観光アドバイザーはこちら
JLESA日本生活環境支援協会の受験は、毎年偶数月で行われています。(10,000円)
インターネットから申し込む事ができ、在宅受験なので自宅にいながら受ける事ができるというのも、お子さんのいる方や忙しい方たちにとって嬉しいですね。

≪2位 ナトリウム健康アドバイザー≫

泉質の種類や、入浴の方法についてあらゆる知識を持っていることを証明できる資格です。
温泉分析表の見方や、泉質・「源泉かけ流し」などの言葉の意味を理解する必要があります。

肩こりの症状にはどんな泉質や入浴方法が好ましいかなど、専門的な知識から講師として活躍する事ができます。
温泉資格の銭湯ソムリエはこちら
JIA日本インストラクター技術協会の受験は、毎年偶数月で行われています。(10,000円)
インターネットから申し込む事ができ、こちらも在宅受験なの温泉好きの方に人気となっています。

≪3位 温泉ソムリエ≫

芸能界でもブームになっている温泉ソムリエですが、「温泉の知識」「温泉の正しい入浴方法」を身に付けることで認定される資格です。

温泉ソムリエ協会主催の「温泉ソムリエ認定セミナー(半日)」か「温泉ソムリエ認定ツアー(1泊2日)」のいずれかに参加することで、温泉ソムリエとして認定されます。
下記メールアドレスにて、どちらに参加されるか記入の上送信することで、応募できるようです。
→ toma-kz@yc4.so-net.ne.jp

認定セミナーの費用は23,000円~25,000円、ツアーの費用は35,000円程度+交通費mpようです。
ツアーでは実際に温泉に入っている写真も掲載されていますので、温泉ソムリエ協会のサイトをご覧ください。

≪4位 温泉観光士≫

温泉学の総合的学習を踏まえて、温泉の本質を理解し、観光、保養温泉の発展・活性化に寄与する実力を身に付けている人に認定される資格です。

講義・野外実習・試験から構成され、3日間のプログラムを終了した人が、温泉観光士として活躍する事ができます。
これらのプログラムの参加費は10,000円で、交通費と宿泊代は別途必要になります。

温泉が好きでもっと詳しくなりたいという人は、旅行を兼ねて受けてみてはいかがでしょうか。

≪5位 温泉保養士≫

温泉保養士はバルネオセラピストとも呼ばれ、温泉医学・予防医学に基づき、温泉の持つ保険的機能を引き出す知識や技術を習得し、温泉療法を活用した健康づくりをアドバイスできる人に認定する資格です。

自分に合った、その人に合った泉質や効能を理解し、どのような旅行先でどんな温泉を選べばいいのか、どのように入浴することで身体によい効果をもたらすのかなど、温泉大国の日本では重宝される資格です。

受講料・試験料38,500円、受講と講習を終了後に、認定試験に合格することで取得する事ができます。

《まとめ》

温泉巡りをすると、素人の私でも「この泉質は自分に合っていた」「この泉質は自分に合わなかった」など、肌で感じる事ができます。
しかし、なぜそのように体感したのかなどはわからずに、結局旅館をメインに決めてしまっていました。

しかし、温泉について詳しくなることで、健康になる・美しくなれる温泉を自分で選ぶことができるようになります。
せっかく温泉に入りに行くのですから、今の自分に合った温泉を選びたいですね。

人生を豊かにするためにも、ぜひ取得してみてください。
温泉観光  温泉観光