浄化槽設備士について

浄化槽設備士とは、浄化槽の設置工事における監督・指導を行う高度な知識や技能を有することを証明する国家資格です。

浄化槽設備士の主な就職先は浄化槽設備会社などの設備会社となります。この資格を使って就職や転職を狙うことは難しいですが、すでにこれらの企業に就職している人の場合は、浄化槽設備士の資格を取得することで資格手当などによる収入アップをのぞめる場合があります。

浄化槽設備士の資格を取得するには、定められた講習を受講し、試験に合格しなければなりません。なお講習を受講するには、管工事施工管理技術検定の1級または2級を取得する必要があります。

浄化槽設備士試験の受験資格について

浄化槽設備士試験の受験資格を得るには、3つのパターンがあります。

①学歴と必要な実務経験年数を有する

大学・旧大学
指定学科の場合は実務経験1年以上。
指定学科以外は実務経験1年6か月以上。

短大・高専・旧専門学校
指定学科の場合は実務経験2年以上。
指定学科以外は実務経験3年以上。

高校・旧中学
指定学科の場合は実務経験3年以上。
指定学科以外は実務経験4年6か月以上。

上記以外
8年以上の実務経験。

②建設業法による1級、または2級管工事施工管理技術検定に合格した者

③職業能力開発促進法(旧職業訓練法)による技能検定のうち、検定職種を1級または2級配管(建築配管作業)とするものに合格した者。
(同法による給排水衛生設備配管又は配管工を含む)
ただし平成16年度以降に2級配管(建築配管作業)に合格した者の場合は、同種目に関し4年以上の実務経験が必要となる。

浄化槽設備士試験の受験要項について

■日程
試験日程:7月中旬ごろ
講習:地域によって異なります

■申込期間
試験:4月上旬~5月下旬ごろ
講習:地域によって異なります

■受験料
試験:22,500円
講習:86,700円

■合格発表日
9月中旬ごろ

■お問い合わせ

試験について
公益財団法人日本環境設備教育センター国家試験係
TEL:03-3635-4881

講習について
公益社団法人日本環境設備教育センター
TEL:03-3635-4880
公益社団法人宮城県生活環境事業協会
TEL:022-783-8070
公益財団法人日本環境整備教育センター
TEL:03-3635-4880
社団法人愛知県浄化槽協会
TEL:052-481-7200
社団法人大阪府環境水質指導協会
TEL:072-256-1056
一般財団法人福岡県浄化槽協会
TEL:092-947-1800

浄化槽設備士の講習・試験内容について

講習は計37時間を5日間にわたって開催します。受講内容は浄化槽法規論、法規、浄化槽の構造・機能、浄化槽施工管理法、浄化槽の保守・点検・清掃概論です。

なお浄化槽管理士資格取得者の場合は、化槽概論および、浄化槽工事概論が免除されます。ただし免除を受けるには申請を行わなければなりません。

試験は、四肢択一式による筆記試験と記述式による実地試験で実施されます。
筆記試験では、主に機械工学や衛生工学、汚水処理法知識、施工管理法、法規について問われます。実地試験では、施工管理法について問われます。

近年の合格率は30%台前半辺りを推移しています。難易度は標準的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です