洋食資格人気ランキング

洋食

はじめに

日本には、日本食のほかに洋食があります。洋食には、日本食とはまた違ったマナーや調理方法、食材の使い方、道具の使い方があります。より洋食を理解するために、資格がいろいろとあります。人気の資格をみていきましょう。

1位 洋食エキスパート

日本安全食料料理協会が発行している資格です。受験資格は特になく、インターネットでも申し込みをして、在宅で試験を受けることができます。70パーセント以上の評価で合格です。費用は1万円かかります。資格試験は、2ヶ月に1回行われています。試験の内容は、基礎知識を問われるものです。洋食の道具として、包丁、フライパン、ソースパン、鍋があります。これらの使い方や、調味料や食品の知識が必要です。ほかには、洋食のソースの使い方、レシピの下準備、焼く、揚げる、煮込むといった実践的な部分も含まれます。資格を取ったあとは、より要職に興味を持って日常生活を送るほか、お店を開きたいという人にも有利です。また、飲食業界で働きたいという人にも向いている資格です。
洋食資格の洋食エキスパートはこちら

2位 健康西洋料理インストラクター

インストラクターというのは、教育や訓練の担当者、指導員という意味を持っています。日本インストラクター協会の資格である健康西洋料理インストラクターは、受験資格は特にありません。費用は1万円、インターネット申し込みで在宅での受験です。70パーセント以上の評価で合格です。2ヶ月に1回資格試験が行われています。洋食を作る食材である肉、魚、野菜、バター、チーズ、潮、小麦粉、ハーブについての知識、それらの食材に合った調理方法の知識があることが、試験合格への第一歩です。さらに、洋食のレシピをマスターしていることです。レシピは、オムライス、ハンバーグ、エビフライ、ビーフシチュー、コロッケ、ナポリタン、グラタン、ミートパイといったものから、ソースの作り方まで含まれます。インストラクターの資格を取ると、自宅やカルチャースクールで講師としてぢごとができるようになります。
西洋料理資格の健康西洋料理インストラクターはこちら

3位 西洋料理テーブルマナー講師認定試験

日本ホテル・レストランサービス技能協会が発行する資格で、テーブルマナーを普及させるための講師認定制度です。西洋料理についての歴史と伝統についての知識、食事の儀礼とマナーへの理解を深めるためのセミナーを受けて、認定試験に合格すると認定証が発行されるのです。試験の前にセミナーを受けることが必須です。試験の資格として、日本ホテル・レストランサービス技能協会の会員になること、セミナーに参加すること、28歳以上であること、現場での経験があること、です。現場での経験については、詳しい内容が協会のホームページに表示されています。費用は、試験の費用が会員は23000円です。他に、テキスト代金3000円、セミナー受講料26000円が必要です。また、協会の会員になるために10000円を支払います。在宅試験ではないので、費用はかかりますが、その分セミナーでしっかり基礎知識を得ることができます。

4位 フードスタイリスト

日本フードライセンス国際協会が発行する資格です。資格自体が商標登録されているもので、履歴書、名刺、プロフィール欄、企画書などに記載するとよいアピールになります。技術としては、食品を撮影する現場で、料理や食材をおいしそうに演出することです。食品についての全般的な知識と感性があると認められた資格です。試験は、3級、2級、1級とあります。3級は、検定本(3240円)と問題集(2160円)を読んでの筆記試験です。受験料1万円と認定登録は2万円です。2級は、筆記試験とランチのスタイリングのラフを描くという実技です。3級に合格している協会員が受験できます。筆記試験の受験に1万円、実技に1万円、認定登録1万円です。1級は、2級に合格している協会員が受験できます。筆記試験と、実技です。実技は、実際にスタイリングしたものを撮影します。試験に2万円、認定講座は6万円、認定登録は3万円必要です。受験料は高額ですが、資格取得後はセンスがあれば活躍できます。

まとめ

いかがでしたか。洋食の資格にも、いろいろあるものですね。どれも、資格取得後の仕事に直結する資格といえるでしょう。
洋食  洋食