洋食エキスパート口コミ評判

洋食

はじめに

エキスパートという文字が資格の中に入っているので、高度な技術を持っている人のことだとわかります。
洋食エキスパートという資格の名前を聞いた時、やはり洋食というジャンルで飲食業に就いている人のための資格だと想像できます。
町の洋食屋さんやお洒落なカフェで、店内に入ったら厨房の近くの壁に「洋食エキスパート認定証」が飾ってあったら、なんだかすごい人が作っているんだろうなあと思いますね。
では、洋食エキスパートとはどういう資格なのか、紹介します。

洋食エキスパートとは

洋食エキスパートは、日本安全食料料理協会が発行している資格です。
文字通り、洋食のエキスパートと認められた人を認定して発行しています。
基礎知識として、日本の洋食の歴史、洋食で使用する道具・調味料・食品・洋食のマナーが必要です。実践的な知識として、洋食のソースの作り方、レシピが求められます。
道具としては、包丁、フライパン、ソースパン、鍋で、これらの使い方についても知識は問われます。
洋食資格の洋食エキスパートはこちら
また、調理方法としては、洋食の下準備、焼く、揚げる、煮込む、仕上げについて知識と実践できることです。
つまり、洋食全般ということです。基礎知識があれば、応用していくこともできるはずですし、できるのが洋食エキスパートという資格を持っている人です。
資格を取得した後は、洋食のお店を開いたり、飲食業の仕事に就くことができます。
飲食業は、洋食屋さんであったり、カフェだったり、いろいろです。

洋食エキスパート認定試験

洋食エキスパートになるには、認定試験を受けて合格しなければなりません。
認定試験受験の申し込みは、日本安全食料料理協会のホームページから行います。
洋食エキスパートの試験概要のページには、試験概要の詳細が載っています。
受験申し込みのページにジャンプすると、必要事項を入力すれば簡単に申し込むことができます。
洋食エキスパート認定試験の受験資格は特にありません。誰でも受験できます。

ただし、受験前には知識を得るための勉強が必要です。
受験料は1万円です。申し込み後、受験票と試験問題、解答用紙が送られてくるので、受け取り時に配送スタッフに支払います。
認定試験は、2ヶ月に1回実施されています。最短で2ヶ月ほどで取得できるのです。
また、認定試験の受験は、自宅での受験です。
昼間は仕事で忙しい、時間の都合がつかない、という人でも、自分の都合に合わせることができますから、受験しやすくなっています。

洋食エキスパート認定試験口コミ評判

ここで、実際に洋食エキスパートの認定試験を受けたという人の口コミを紹介します。

「洋食のレパートリーが広がった。」
「マイペースで試験を受けられてよかった。」
「洋食の知識を得ることができた。」
「食事のメニューが増えた。」
「仕事に役立てている。」
「デメリットがなかった。」

洋食エキスパート認定試験は、実践的にレストランや喫茶店で洋食を作る人も取得している資格です。
基礎知識をきちんと学ぶことで、仕事の信頼を得られます。
また、普段から家庭での食事を作る人や、まかないを作る人も、洋食エキスパートの勉強をすることで、知識を持つことができます。
洋食エキスパート認定試験には、洋食のマナーについても問われます。本当に幅広く知識を得ることができるものです。
そういったところから、洋食エキスパートという資格は、専業主婦や兼業主婦にも人気が高く、評判の良いものです。
資格を取るにあたって、資格取得後について、デメリットがないという口コミでもわかりますね。

さいごに

洋食エキスパート認定試験について紹介しました。
洋食というと、家庭ではよくメニューに登場するものです。
ずっと作り続けてきた味もいいけれど、基礎を学んで作ると、また格段においしい洋食ができるでしょう。
美味しい食事は、家族を笑顔にします。
レストランや喫茶店、カフェでおいしい洋食が出てくると、その日はとても幸せな気持ちになれます。
お腹も心も満たされる食事のために、洋食エキスパートという資格は、とても役立っているといえます。
洋食エキスパートは、洋食屋さんだけでなく、家庭で食事を作る人にも、向いている資格です。
洋食  洋食