水戸歴史文化検定について

水戸歴史文化検定とは、水戸商工会議所がホスピタリティ向上(おもてなし)事業の一環として実施している検定試験です。ホスピタリティ向上(おもてなし)事業とは、水戸の観光振興や地域活性化を目的として展開されている事業となります。

水戸歴史文化検定は、資格の取得を通して、水戸の歴史や文化、観光などを学び、学習を通して水戸の魅力や貴重な資源について改めて認識してもらうことを目的としています。

地元の人たちが郷土愛を深めるために受験するほか、旅行が好きな人や水戸の文化や歴史に興味がある人にもおすすめの検定試験です。なお合格者特典として、オリジナリティあふれるデザインのカード型合格証が授与されることも、この検定の魅力となっています。

水戸歴史文化検定の応募要項について

■受験資格
年齢、国籍など特に制限はありません。

■試験日程と申込期間
試験日程:9月上旬ごろ
申込期間:7月上旬~8月下旬ごろ
受験票発送日:8月下旬ごろ
※最新情報は、こちらをご確認ください。

■申し込み方法
メールでのお申し込みと、FAXでのお申し込みがあります。
メールで申し込む場合は、こちらの専用フォームから手続きを行ってください。
FAXで申し込む場合は、こちらで内容をご確認のうえ、手続きを行ってください。
(申込期間外はアクセスできませんのでご注意ください)

■受験料
無料で受けることができます。

■合格発表日
試験日の約2週間後となります。
実施先ホームページでの受験番号のみ発表となります。
さらに試験日の約1か月後以降には、合格者へ合格証が郵送されます。

■受験地
三の丸庁舎大講座室など。
※受験者数によって会場が変更となる場合があります。

■お問い合わせ
水戸おもてなしプロジェクト【事務局】
水戸商工会議所地域資源振興課
〒310-0801茨城県水戸市桜川2-2-35
茨城県産業会館3階
TEL:029-224-3315
FAX:029-231-0160
お問い合わせフォームは、こちら

水戸歴史文化検定の試験内容について

水戸歴史文化検定の試験時間は60分間です。説明終了後、試験開始となります。
開場は9:30~となり、試験が始まるのは10:00からです。

出題数は全50問となり、問題形式はすべて正誤2択式となります。合格ラインは70点以上の得点です。なお出題範囲は以下の通りとなります。

■郷土いいとこ再発見(40問)
1)水戸の始まりの史跡と信仰
2)史跡(神社、仏閣、遺跡、墓所)
3)光圀公、水戸藩
4)自然、公園、文化
5)展示、見学施設、文化施設
6)郷土料理
7)特産品、地場産業など
8)水戸のまつり、地域の行事

■そのほか(10問)
・日本遺産認定関係
・水戸の人物など

水戸歴史文化検定の試験対策について

出題範囲にある「郷土いいとこ再発見」は、参考資料の名前となります。こちらの冊子は実施先ホームページからダウンロードするか、水戸商工会議所の窓口にて入手可能です。

また「そのほか」の出題範囲に含まれる水戸の人物史は、水戸市のホームページからご確認いただけます。詳細は、こちらからご確認ください。

人物史以外の分野に関しては、水戸市が発行するガイドブックを参考資料としてご利用ください。こちらからPDF形式のファイルとしてダウンロードできるほか、下記の場所で配布されています。

配布場所
市役所総合案内(三の丸臨時庁舎、本庁舎前臨時庁舎、本庁舎南側臨時庁舎)、各市民センター、各市立図書館、水戸観光案内所(水戸駅改札脇)、みとの魅力発信課(本庁舎南側臨時庁舎内)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です