水彩資格人気ランキング

水彩画

水彩画の歴史は古く、これまでにもたくさんの人々が筆をとり素敵な作品を生み出してきました。
当然そこには先人が積み上げてきたさまざまな技法や基本があるため、それを知ることで水彩画のスキルを高めることができるでしょう。

しかし水彩画に関するテクニックの奥は深く、自分1人だけで学ぼうとすると膨大な時間がかかり、場合によっては間違った知識を身に着けてしまうかもしれません。
水彩画は繊細な芸術であるため、明確な目標のない努力はかえって上達を阻んでしまう恐れがあるのです。

そこでおすすめされるのが、専門資格の取得です。
水彩を学んだ人の実力を証明し、趣味や仕事で役立てることができる資格を目標とすれば、必要なスキルを的確に学んでいけるでしょう。

水彩画を勉強したいけど何から始めればいいのかわからない、水彩画のスキルを将来に役立てたい、そんな人はぜひ水彩画に特化した資格の取得を目指してみてください。
資格取得というわかりやすいゴールを設定しておけば、くじけずに学び続けていくことができますよ。

こちらでは水彩画の資格を人気ランキングの形で紹介しているので、こだわりがなければ順位で選択してもいいでしょう。
とにかく水彩画を本気で学びたいという人は、この機会に専門資格の魅力をチェックすることがおすすめです。

1位 水彩アーティスト

日本デザインプランナー協会が認定する「水彩アーティスト」は、水彩画を学ぶ際には絶対にチェックしておきたい資格となっています。
水彩画を既に楽しんでいる人はもちろん、まったくの初心者であっても、資格取得を目指すことが良い経験となることでしょう。

基礎知識から応用が試される技法、その他構図についての考え方なども習得することができるので、資格の勉強後はかなり水彩画に詳しくなることができますね。
こんな水彩画を描いてみたい、なるべく短時間で水彩画のスキルを身に着けたいという人は、まず水彩アーティストを目標としてみましょう。

資格の取得には絵の具の種類や色の作り方、作品の保存方法やパレットの種類などの知識が必要とされます。
また紙や筆の選び方など、水彩画に用いる道具全般の知識が求められるのも本資格の特徴です。

合格を目指して勉強を行うことで、それらの知識は自然と身に着くことになります。
実際に水彩画を描くときにそれらの知識がどのように役立つのかもわかるので、より資格取得後の活動がスムーズとなるでしょう。

水彩アーティストの資格を取得すると、自身を水彩アーティストと名乗ることができ、あらゆる場所で講師活動が行えるようになります。
正しいスキルとそれを人に伝えられることを証明する資格でもあるので、資格取得をアピールすることで新しい仕事を見つけることもできるでしょう。

水彩画の知識を活かした就職や転職を希望するのなら、本資格の取得は最優先となりますね。
少しでも気になったなら日本デザインプランナー協会のホームページをチェックして、水彩アーティストになるために必要な準備を進めてみましょう。

2位 水彩画インストラクター

水彩画を学んだ経歴を活かして講師活動をしたい、もっと多くの人に水彩画の面白さを知ってもらいたいという人は、「水彩画インストラクター」の資格をチェックしてみてください。
自分自身が上手に描くためだけでなく、描くコツや手順を相手に伝える能力が求められる資格であるため、自分のスキルを客観的に見直すことができます。

それはさらなるスキルアップにつながり、より良い作品を量産するための準備になることでしょう。
インストラクターという立場になるためのステップを活用して、水彩画に関する知識をさらに深めてみてはいかがですか。

もちろん水彩画インストラクターの資格には初心者も挑戦することができ、合格を目指す過程でさまざまな技法や基本知識を習得することができます。
塗りやデッサンのテクニックに加えて色づくりの基本まで学べるため、水彩画インストラクターを目標に学ぶことで少しずつ水彩画を描けるようになるでしょう。

他にも陰影の描きこみ方や水と光の表現方法、そして道具ごとの応用方法など、水彩画を描く際に役立つ知識が多く必要とされるのがポイント。
本気で上達したいという気持ちを活かすには、水彩画インストラクターが欠かせない資格となります。

資格取得後は講師として活動し、自分が学んできたこと他の人たちに教えることもできるので、水彩画で生活をしていくことも可能となるでしょう。
水彩画のスキルを仕事で活用するのなら、まずは水彩画インストラクターを取得して講師として働ける環境を作っておくといいですね。

まとめ

水彩画はその高い芸術性が評価され、今後も多くの人たちを魅了していくことでしょう。
そんな水彩画の専門資格を保有しているということは、プライベートでも仕事の中でも、非常に大きなメリットとなります。

本格的に水彩画を学び、それを自分自身の将来に活かしていくのなら、ぜひ上記のランキングから気になる資格を選んでみてください。
資格を取得するために学んだ実績は、いずれあなたを水彩画のプロとして羽ばたかせてくれますよ。
水彩画資格  水彩画資格